Day One で育児日記をスタート!アナログからデジタルへ回帰するぞ!

アナログとデジタルの使い分けは難しい。どちらも一長一短だから。アナログを使っているとデジタルの良さが目につくしその逆も然り。

数年単位(1~2年)で、この部分が自分の中で逆転する現象が起こります。iPhoneがなくてはならない存在になったため、アナログとデジタルどちらを使おうか悩むわけです。情報の管理やタスク管理など。

今回は「育児日記」についてのお話です。

これまでの育児日記

Photo by Freddy Castro on Unsplash

2012年に娘が生まれた日から育児日記を書き始めました。その当時は、Evernoteと連携する「Memory Jar」というアプリを使用して、写真とテキストで日記を書いていました。

数年使っているうちにこのアプリが使用できなくなり、他の様々なアプリを使いながらEvernoteに日記を残し続けました。写真や動画・音声・位置情報まで残すことができるので非常に便利に使っていました。

2014年には、息子が生まれ2人分の育児日記を書き始めました。この時はEvernoteに別のノートブックを作成し娘と同じように記録をしていました。

しかし、2016年にアナログである10年日記に移行することに決めました。Evernoteだと記録をするだけで振り返ることがあまりなかったというのが理由です。「同日の日記を見返すことができる・見返すことが楽しくて日記を継続できる・3行程度だからサクッと書ける」のが特徴でした。

アピカ 10年日記 を育児日記として使えば過去の同日を振り返れるぞ!

デジタルのおかげでアナログの良さに気がつくことができるし、その逆もまた然り。どちらも表裏一体で、使い方・使う人の考え方次第。使い続けているうちに考え方が変わることだってあります。結局のところ、自分に合うと感じた方を使うのが一番なんですね。

それからというもの、ひたすらEvernoteから10年日記に転記をしていましたが、未だに完了していません・・・

再びデジタルへ

Photo by freestocks.org on Unsplash

そして今回再びデジタルへ回帰しようと決断しました。10年日記を毎日書くことがいつの間にかできなくなっていたからです。

その日あった出来事をその日のうちに書くことができれば良いのですが、仕事から帰宅すると子どもの世話に追われ気づけば次の日に。でも朝は色々としたいことがあるからそっちに時間を費やしたい。

ということで、とりあえず忘れないようにその日の出来事はiPhoneにメモして後でまとめて10年日記に記入。でも溜まっているから10年日記を開くのも億劫になってしまっていました。時間が立つに連れて優先順位が下がってしまったのです。

自分でやりたくて始めた育児日記なのにこれでは本末転倒でした。限られた時間の中で、いかにサクッと育児日記を書くのかといったことを考えた時にやはりiPhoneを使うのがベストだと判断。その日の出来事をメモするんだったらそのままiPhoneで記録すればいいのではないかと。(気づくの遅いけど)

本当にひとこと、ふたことの記録なので、行が埋まらないということはないのですが1人1冊のノートに記録すればよかったかなと後になってから思いました。 1人目は10歳まで記録できますが、2人目は8歳までしか記録ができないからです。

あと10年日記を開始した当初から上記のように、失敗したなと思ったことがずっと引っかかっていたというのも理由のひとつ。最初から1人1冊でスタートすれば良かったです。

使用するのは Day One

デジタルで使用するのはDay Oneという日記アプリです。アプリに関してはメジャーなので説明不要でしょう。

自分はDay One Plus(旧Day One 2.0)なので、複数の日記に分けることができるし、位置情報や天気が自動で記録できます。シンプルなデザイン・UIも素敵。データはクラウド上に保管されるし、インポート・エクスポートもバッチリ。PDFとしても出力できるので万が一アプリが終了してもなんとかデータの救済は可能。

しかも「過去のこの日」という機能があるので振り返りも簡単に出来てしまうのも魅力の一つでした。その名の通り過去の同日の日記を表示してくれる機能です。

参考

日記アプリ『Day One』に定額制プラン、既存ユーザーはどうなる? AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

ということで今度はEvernote+10年日記からDay Oneに転記がスタートしました。丁度キリの良い4月から転記しています。当日の日記を書くのと共に、過去の同日をDay Oneに転記することにしました。

転記作業は大変なので、まずは当日の日記だけは必ず記入するというルールを設定しました。メモ感覚でかけるのでこの部分はそこまで大変ではありませんでした。サクッと通勤電車の中で書けてしまいます。

過去分の日記はおもいでばこから写真を引っ張り出して貼り付けしています。パソコンを立ち上げずに写真を引っ張り出せるのは本当に便利。

日本でできるかどうかは分からないけど、将来的に「Book Printing」を試してみたいなと思っています。

まとめ

形は変われど育児日記を書いていて、本当に良かったなと思います。何も書いていなければ数日前に何があったのか、子どもにどのような変化が起きたのか思い出すことが出来ないからです。記憶は曖昧です。育児日記は本当に大切。

自分の中でが育児日記がかつてのライフログの延長なのでしょう。だから今日まで続けることができたのだと思います。数年後にはまたアナログが良いとか言っていそうですが、育児日記は辞めずに続けていきます!

以上ika621でした。

ika621

アナログとデジタルはまるで月と太陽。どちらも必要な存在なんだよな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です