コストコ「 チョッピーノスープ 」作り方も簡単で超絶美味い!

定期的にコストコに行くika621です。コストコに行った時に必ず買うのが「チョッピーノスープ」という商品。ブイヤベース(地元の魚貝類を香味野菜で煮込む、フランスの寄せ鍋料理。)に似た海鮮スープなのですが、これがめちゃくちゃ美味いんです!

売り場では異彩を放っていて、見たことがあるけど買ったことはないという人が多いのでは?見つけたら騙されたと思って1度買ってみてください。

商品詳細

コストコのチョッピーノスープ

商品の値段は税込1498円。内容量は1810gと大きめで4人分のボリュームがあります。様々な具材がぎっしりと詰まっていて、持つと結構な重さを感じます。

パッと見た感じサラダにも見えなくはありません。賞味期限は2日間と短めなので早めに調理をしてしまいましょう。

チョッピーノスープのパッケージ

原材料は、チョッピーノソース(トマトペースト・角切りトマト・その他)、チキンブロス(チキンストック・食塩・その他)、シーフードミックス(ムール貝・あさり・ヤリイカ)、真だら、えび、セロリ、玉ねぎ、マッシュルーム、ミニトマト、レモン、パセリ、香料となっています。

注意
パッケージに記載がありますが、卵、小麦、かに、落花生を使用した設備で製造しているためアレルギーがある方は注意!

超簡単な調理方法

チョッピーノスープ

調理方法は超簡単です。レモンを除き、全ての具材を1つの鍋に移し替えて煮込むだけ。誰でもできるこの手軽さが素敵です。

チョッピーノスープ調理

具材とスープを入れる順番は特にありません。全て1つの鍋に入っていればOK。

わかりやすいように具材を先に鍋に入れてみました。順番に入れていくと、たくさんの種類の具材が入っているのがわかります。大きなエビが4尾も入っていて豪華です。

魚介たっぷりのチョッピーノスープ

スープの中にはタラやヤリイカ、あさりやムール貝など魚介類がたっぷり。しかも結構な大きさのものがゴロゴロと入っています。これは食べごたえがあります。

調理簡単なチョッピーノスープ

全ての具材を入れ終えるとこんな感じになります。見た目はアレですが…あとは煮込むだけ。火にかけると部屋中に魚介のいい香りが漂ってくるので食欲のスイッチが入ります。 約10分程煮込んで、えびに火が通ったら完成。

まずは、味見をしてみてください。その美味しさに驚くはず。もう止まらなくなりますよ。

まとめ

旨味が凄いチョッピーノスープ

お皿に盛り付けて、レモンを絞って召し上がってください。こんなに簡単に作れるのに、お店で食べるくらい美味しいことにびっくりします。凝縮された魚介の旨味が半端じゃありません。最初はちょっとクセを感じるかもしれませんがそれが逆にヤミつきになるはずです。

パエリアにしたり、パスタを入れてスープパスタにしたり、シーフードカレーにしたり。アレンジができるので様々な楽しみ方ができます。

コストコに行った際はぜひ試してみてください。自信を持っておススメします。

ika621

ピリリとちょっぴり辛いので子どもがいるご家庭では注意してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です