「 小さい財布 」を SUPER CLASSIC リペアセンターで修理してもらったぞ


良いものは時間が経ってもその良さは変わらない!ika621です。

2013年に小さい財布という財布を購入しました。本当に小さいけど使い方に慣れると物凄く快適で、まさに自分にぴったりの財布でした。まる三年使用したところで皮が剥がれてしまい寿命かなと思ってクアトロガッツの極小財布「ポキート」に財布を変えました。そしてその後、長財布にも変え今に至ります。

小さい財布・長財布にそれぞれ良い点がありますが、必要最低限のものだけをコンパクトに持ちたいことから、小さい財布をまた使用しようと決めました。


新品で購入しようかと考えましたが、まる三年使っていた小さい財布の革のエイジングもいい感じだったし、どうせならもっと使い込んでみようと思ったので、リペアセンターにて修理をしてもらうことに決めました。

リペアセンターとは?

職人が1点1点心を込めて作ったabrAsus(アブラサス)のプロダクト。「ながく使っていただきたい」ので、リペアーセンターで職人が、可能な限り修理させて頂きます。 ※修理代金・送料については、有償サービスとなります。
引用元:SUPER CLASSIC リペアセンター

修理の流れ

  1. 修理ご希望箇所を携帯電話等で撮影して頂き、メールにてお送り下さい。
  2. 2営業日ほどで、仮見積り金額をお知らせ致します。
  3. 仮見積り金額をご了承頂きましたら、商品をお送り下さい。(※送料はお客様負担となりますので、元払いでお送り下さい)
  4. お送り頂きました商品を確認し、本見積り及び修理期間をお知らせ致します。
  5. 本見積り金額及び修理期間をご了承頂きましたら、修理を開始致します。
  6. 修理完了後、商品及び代金お振り込み先情報をお送り致します。
サイトを見ればわかると思いますが、糸ホツレやコバ塗り、ホックの交換など革小物の場合1~2営業日で作業を行ってくれます。しかも540円~という破格の価格です。

他のユーザーの依頼状況にもよるかとは思いますが、ここまで早くて安いのであれば大いに修理の依頼をする価値があります。送料は自己負担となってしまいますがそれを含んでも安いです。

修理前の状態

小さい財布 修理前1
こちらが修理前の小さい財布の状態です。カードの出し入れを頻繁に行うため皮の部分が剥がれてしまいボロボロの状態です。ここまで使うと確かにもう役目は果たしたかな、引退しようとなりますよね。

小さい財布 修理前2
逆サイドも症状は軽いですが同じ状態になってしまいました。

修理後の状態

小さい財布 修理後1
そしてこちらが修理後の状態。コバ塗りをしてもらい見事に修理されています。さすが職人技、違和感もなく綺麗に修理されています。

小さい財布 修理後2
反対側もバッチリです。

本見積もり時にホックも交換をしたほうが良いと言われたのでせっかくなのでホック交換もお願いしました。写真ではわかりにくいですがホックはピカピカのものに交換されています。

まとめ

商品の見積もり依頼から手元に到着するまで、およそ1週間程でした。(早い!)

掛かった費用は以下の通り。
  • コバ塗り 修理費用540円
  • ホック交換 修理費用540円
  • 返送料 540円
  • 合計 1620円
最初の発送費や料金の振込手数料を含めても2000円ちょっとなので、思っていた以上に安く済んでしまいます。

長年使用していた財布が復活したのでまた愛用していきたいと思います。久しぶりに使用をしてみて、やっぱりこのサイズ感いいなと実感しています。

もし小さい財布に限らずスーパークラッシク製のモノが壊れた状態で押入れとかで眠っているのであれば、、リペアセンターに依頼をしてみてはいかがでしょうか?直せばまだまだ使えるし余計に愛着が生まれること間違いありません。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Copyright © 2011 Punksteady All Rights Reserved.

Powered by WordPress & yStandard Theme by yosiakatsuki