「 おもいでばこ 」の大切な写真・動画を万が一に備えて守るバックアップキットを設置したぞ!

おもいでばこに全ての写真を取り込み終えたika621です。続いて「安心バックアップキット」の設置も行いました。おもいでばこが故障したときに備えて大切な写真や動画をバックアップしてくれるキットです。

開封から接続まで

それでは早速開封をしていきます。容量が1TBと2TBの2タイプあります。今回は1TBのタイプを設置していきます。 おもいでばこには、バックアップ機能がありますが「どの外付けハードディスクを買っていいのかわからない」というユーザーのために発売されたキットです。 入っているのは、セットアップガイド、ハードディスク、USBケーブル、おもいでばこ保護フィルム、マットです。ハードディスクだけではないというのが、「キット」と呼ばれる所以ですね。 まずはおもいでばこ本体に保護フィルムを貼ります。電源を切って本体を綺麗に拭いたらフィルムを貼っていきます。1番の剥離シートをはがして、おもいでばこにフィルムの位置を合わせ貼り付けます。その後両サイドの2番の剥離シートをはがして貼り付けます。1枚の剥離シートではないところがすごく考えられているなと感じました。1枚だけだと絶対にズレる! 次にハードディスクの箱を開封。ハードディスク本体、USBケーブル、セットアップシートが入っています。テレビ録画対応の1TB、2013年度にグッドデザイン賞を受賞したハードディスクです。無駄を一切省いたシンプルスタイル。 マットの「くぼみ」に合わせておもいでばことハードディスクを置きます。いやー美しい! おもいでばこ本体背面のUSB端子とハードディスクをUSBケーブルでつなぎます。前面は取り込みようなので必ず背面のUSBを使用してください。 おもいでばことの接続が終わったら、本体の主電源を入れます。作業はたったのこれだけです。簡単すぎます。

バックアップの方法

続いてテレビ画面にて初回のバックアップを行なっていきます。リモコンを使って画面左下の「バックアップ・復元」を選びます。 画面が光ってしまい見にくくてすみませんが、「今すぐバックアップ」を選ぶと「よろしいですか?」と聞かれるので「はい」を選ぶことでバックアップが開始されます。 初回のバックアップは時間がかかる場合があるので辛抱強く待ちましょう。電源を切ったり接続を外してしまうとデータが壊れる可能性があるので注意してください。 2回目以降は、電源を切るときに自動的にバックアップが行われるので何もする必要がありません。

まとめ

過去にパソコンのハードディスクが壊れたり、パソコンが起動しなくなったりしたことがありますが、中のデータを救済できなかった時のダメージはハンパないです。「バックアップをとっておけばよかった」と必ずなるので万が一に備えてバックアップはとっておくべきだと思います。 おもいでばこの中の大切な写真や動画が全てなくなってしまったら、自分の場合もう立ち直れそうにありません。バックアップは必須ですね。おもいでばこを使い始める人は必ずセットでバックアップ用のハードディスクを用意するべきです。 必要なモノが全て揃っているので何も考えずにこのバックアップキットを買えばいいのではないかなと思います。 それにしてもバックアップまでも簡単にできてしまう「おもいでばこ」恐るべしですね!以上ika621でした。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です