カーソル位置までテンプレ登録できる新感覚Evernoteエディタ「xPlate」

xPlateTop画像 テンプレからテキストを作成するEvernoteエディタアプリはいくつかありますが、今回紹介するアプリは、なんとカーソル位置まで指定することが可能です。 しかもカーソル位置をワンタップで変更できるので毎回決められた形でEvernoteに記録したい人にはぴったりです。 そんなアプリ「xPlate」を早速紹介します。

カーソル位置はワンタップで登録

テンプレ登録1

テンプレを登録する時に、カーソル位置も入力します。 その方法はとても簡単。「Key」ボタンを押すだけ。「xxxx」と表示されているところがカーソル位置となります。 たったのこれだけでカーソル位置を登録できます。

ワンタップでカーソル移動

テキスト入力時に「Next」を押すことでカーソル位置を移動していきます。 長押しでカーソル位置を指定するという面倒な動作は不要です。

クイック起動

アプリを起動してすぐに入力をスタートすることができるようになっています。 ストレスなくすぐにテキストを入力できます。この機能は設定からオン・オフの切替が可能です。

ウィジェット機能

テンプレは4つまで登録することが出来て、ウィジェットからも呼び出せます。 呼び出したいテンプレのナンバーをタップするだけです。起動もとてもスピーディー。

またテンプレ毎にURLスキームに対応しているので、ランチャーアプリ等に登録しても良いでしょう。

リスト・インデント利用OK

なんとこのアプリ、リストとインデント利用OKです。 整った形でEvernoteに保存することができます。

まとめ

カーソル位置までテンプレ登録できるとここまで便利になるのかと実感しました。 4行日記やライフログにぴったりなアプリです。 作者様Jimon(@jimon_s)さんが欲しかったアプリを具現化したものだけあって、シンプルで軽快なエディタアプリとなっています。 新感覚のエディタアプリ「xPlate」を是非お試しください。 参考:テンプレート入力特化型Evernoteエディタ「xPlate」をリリースしました! xPlate -テンプレート入力特化型Evernoteエディタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です