豆挽きからドリップまで全自動コーヒーメーカー STC-401を購入 [お家café計画]

以前から欲しかった豆挽きからドリップまで全自動で行うコーヒーメーカーを遂にゲットしました。ミル内蔵で飲む直前に豆を挽くので、香り高い美味しいコーヒーを簡単に飲むことが出来るようになりました。 やはり挽きたてのコーヒーは、インスタントと比べ物になりません。価格、サイズ共に高パフォーマンスを発揮します。これは良い買い物をしました。今現在Amazonコーヒーメーカーランキング1位なのも頷けます。(2015/03/03現在)

予想以上にコンパクト

届いた箱を見て驚きました。予想していた以上にコンパクト。デザインもシンプルだしカッコイイ! これから長い間お世話になります。
■仕 様■ カラー:ブラックタンク容量:0.58L(目安):~約4杯用 サイズ(約):幅17.3×奥行22×高さ27cm 重量(約):2.2kg(サーバー含む) 消費電力:600W抽出方式:ドリップ方式 電源コード長さ(約):1.2m 付属品:計量スプーン、メッシュフィルター、コーヒーサーバー(ガラス)、取扱説明書(保証書)

▲コーヒーサーバーもコンパクト。これでもコーヒーカップなら4杯分、マグカップなら2杯分は1度にドリップ可能。我が家には丁度良い量です。

▲こちらがミルの部分です。豆から淹れられるだけではなく、粉からでも自動でコーヒーが淹れられます。 また、ステンレス製のメッシュフィルターが付いていて豆から出る油分まで抽出できるため、より一層コクがあるコーヒーになります。

▲ここに豆を投入。マグカップ2杯分でおよそ24gの豆を使用します。コーヒー豆は安いもので、200g500円程で売っているので、1杯あたり30円。コンビニコーヒーよりも安いぞ。これは節約に繋がります。

▲あとは本体に水を入れて、スイッチオンするだけで、美味しいコーヒーが出来上がります。豆を挽く時は結構な音が出るので、最初は驚くと思います。ご注意ください。 部屋いっぱいにコーヒーの良い香りが漂います。コーヒー好きにはたまりません。味も格別!文句の言いようがありません。 片付けは、ほとんどが水洗いできるので簡単です。ただペーパーフィルターと異なり、粉の処理に少し困りますね。

まとめ

朝の一杯のコーヒーが毎日楽しみで仕方ありません。また、豆から選ぶという楽しみも増えました。これから色々なコーヒーを飲んでみようと思います。 ドルチェグストを買うならもう少し奮発してこちらを買うことをお勧めします。豆から挽くコーヒーは格別ですし、香りが違います。お家でcafé気分が味わえること間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です