スマフォゲームを辞められない5つの理由と断ち切る決意

あなたはすきま時間に何をしていますか?  
すきま時間 予定と予定の間に生じた短時間の暇、ちょっとした物事に取り組めるわずかな余裕などを意味する語。移動時間や待ち時間などを指すことが多く、勉強や情報収集などを小刻みに積み重ねるといった事柄で用いられる場合が多い。
自分の場合、すきま時間は、通勤時間と食事休憩にあたるわけですが、大抵の場合は、RSS消化→iPhoneのゲームという流れです。その中でも、時間にしたら8割近くはiPhoneのゲームをやっていました。家庭用ゲーム機に比べて手軽にでき、魅力的なゲームがたくさんあります。 しかし最近は、断捨離をしていることもあり、時間の使い方もよく考えるようになりました。もっと自分のためになることに時間を使ったほうが良いという考えを持つようになったので、iPhoneのゲームを減らすことに決めました。 そもそもなぜiPhoneのゲームはすきま時間にプレイをしてしまうのでしょうか?その理由について考えてみました。

①スタミナ制限

理由の1つ目はスタミナ制限です。1回ゲームを行うとスタミナを消費します。時間が経過するとこのスタミナが回復して再度ゲームを行うことが出来るシステムです。 このシステムが結構厄介。スタミナが満タンであると、「モッタイナイ!」という意識が働きゲームをやらないといけない気分にさせてしまうのです。だから朝の通勤時にはスマフォでゲームをしている人ばかりなのではないでしょうか? また、スタミナがなくなった時点で、別のゲームに移るので、iPhoneには複数のゲームが入っている人がほとんどではないでしょうか?

②終わりのないシナリオ

ストーリーが終わっても次から次へと新しいシナリオやダンジョンが登場するので、終わりが全く見えません。運営側からしたら、もっと楽しんでもらいたい!継続してもらいたいから終わらせないわけです。それはビジネスとして当然ですよね。 辞めるタイミングがわからなくなるため、継続してゲームをしてしまうわけです。

③新キャラとガチャ

ある程度キャラクターを強化しても、次から次へと更に進化して能力がアップしたり、それを超えるキャラクターが登場します。更にハイレベルの進化素材が必要になる為に更に時間を費やします。 不定期にガチャを引くためのアイテムが配布されるのも辞められない理由です。もしかしたら超強いキャラが当たるのではないかという期待があるから。

④ゲリラダンジョン

忘れてはいけないのが、曜日限定ダンジョンや時間限定ダンジョンの存在です。その名の通り、その時にしか出来ないダンジョンなので、時間が空いたらゲームをする、そこに合わせて行動をするようになってしまいます。 すきま時間を潰す明確な理由のひとつです。

⑤まわりの影響

人気のゲームの場合、周囲でプレイしている場合がほとんどです。ダンジョン攻略の話をしたり、ガチャで出たキャラの比べ合いをしたり。 コミュニケーションのきっかけとしては良いのですが、そのうち周囲をあっと驚かせたい、強くなりたいと思うようになるためどんどんのめり込んでいってしまうのです。

まとめ

以上5つが自分の考えるすきま時間にゲームをしてしまう理由でした。ということで思い切ってiPhone内のゲームは2本だけ残して後は削除してしまいました。無ければ無いで、別に死ぬわけでもありませんし、削除したことで変なストレスもなくなりました。 ちなみに残した2つのゲームアプリはこちらです。

クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans) App カテゴリ: ゲーム, エンターテインメント, アクション, ストラテジー 販売元: Supercell – Supercell Oy(サイズ: 53.7 MB) プランダーパイレーツ (Plunder Pirates) App カテゴリ: ゲーム, アクション 販売元: Rovio Stars Ltd. – Rovio Stars Oy(サイズ: 97.2 MB) どちらのアプリもスタミナに縛られることなくほとんど放置型ゲームです。気が向いたときに採掘したゴールドやエリクサーを集めて自分の村や船を強くしていきます。少しずつでも強くなっていくのは嬉しいものです。 ということで今までゲームに費やしていた時間は読書に充てることに決めました。買ってもまだ読めていない本もたくさんあるし、読みたい本もたくさんあります。 ゲームに縛られないってこんなに気持ちの良いものだったのだと改めて感じました。すきま時間に何をしようと自由ですが、ほんの少しでもゲームに縛られていると感じているのであれば思い切ってアプリを削除してみてはいかがでしょうか?  

1 Comment

つばき

確かに今の世代には基本無料スマフォゲーがあってるしやりたがるでしょうね
好きな時間や隙間時間を使って基本無料で楽しめ、進行自体も単純かつ簡潔に進むのがほとんどです
そしてずっと続けてもらうためにシナリオに終わりがないのがほとんどです
ガチャとかだったら先に進むには取り合えず次へボタン押さないと進みませんしね
それに子供たちらもゲームソフトならまずゲーム器がありますしそれを見られると「ゲームなんかしてないで勉強しなさい」と毎日小言言われるでしょうがスマフォならスマフォでなにやってるかなんて現場を見ないとわからないことですよね

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です