新世代Evernote投稿ツール「StackOne」オリジナルルールで自分仕様にカスタマイズ

EverGearの作者様が新たにEvernote投稿アプリを作成したとの情報が入ったので早速試してみました。 EverGearには非常にお世話になった素晴らしいアプリです。今回紹介するアプリも同じ投稿系アプリとなります。 新世代エバーノート投稿ツール – StackOneApp カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス 販売元: Lakesoft – Hiroshi Hashiguchi(サイズ: 3.8 MB)

特徴

このアプリの特徴は「ルール」です。自分の仕様にカスタムすることが出来る投稿アプリです。 わかりやすくいうと、サッとメモをするFastEverと同タイトルのノートを1つにまとめることが出来るPostEverを組み合わせた感じ。 違うのは1日1ノートだけではなく、1時間で1ノート、1週間で1ノート、1月で1ノートといったように、自分の好きなローテーションで新たにノート作成のタイミングを決められることです。 しかも時間に限らず、10回の投稿、100回の投稿といった回数によってもローテーションを決められるのです。

投稿〜ルール作成

▲こちらが投稿画面。前述したオリジナルの「ルール」を作成しましょう。キーボード右上のルールボタンをタップして、新たに作成します。 ▲プリセットの「今日」というルールを例に見てみます。ローテーションの設定、タイトルやタグ、ノートブックの指定、画像サイズやヘッダ、フッタをカスタムします。 予約語を使って好みのヘッダとフッタを作り出せます。横線を入れたり位置情報の詳細を入れたりすることが出来ます。 ローテーションは、毎回、回数、毎時、毎日、毎週、毎月、なし、から選択します。

▲雛形も作成可能。柔軟性に富んだカスタムが良いですね。 リマインダーも投稿時に指定出来ます。メモアプリでリマインダーまで指定出来るのは珍しい。

▲実際の投稿画面と、投稿されたノートです。とても綺麗にEvernoteにノートを作成されているのがわかります。同じ形でどんどん追記されていきます。 もちろん自分でルールを作れば、追記せずに1投稿1ノートにすることだって簡単に出来てしまいます。自分の使い方に合わせてルールを作れるのがこのアプリの醍醐味ではないでしょうか?

まとめ

  • オリジナルルールで更に使いやすく!
  • ローテーションを上手く活用しよう
  • シンプルでとても使いやすい
オフラインで使えない、送信アニメを眺めていなければならないなどといったデメリットはありますがアップデートできっと解消するはずです。 投稿系アプリの中でもかなり良い出来となっていると思います。是非お試しください。 新世代エバーノート投稿ツール – StackOneApp カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス 販売元: Lakesoft – Hiroshi Hashiguchi(サイズ: 3.8 MB)  

プレゼントのお知らせ

さて、StackOneの作者様からプロモコードを頂いたのでPunksteadyを読んでくれている人4名様にプレゼントをしたいと思います。 この記事をTwitterでつぶやいてくれた人から選びたいと思います。欲しい想いとあわせて、つぶやいてください。 期限は2014年3月21日の23:59までとさせていただきます。当選者にはTwitterにて連絡させていただきます。たくさんの応募待ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です