保存先ノートブックを指定出来ないEvernote連携アプリはAutoEverを使えば解決!

今まで様々なEvernote連携アプリを試してきましたが、これはもったいない!と感じるシーンがあります。 それはEvernote内に作成されるノートの保存先を選択することが出来ない場合です。後から保存したいノートブックに手動で移動しなければなりません。 整理系アプリを除いてほとんどの連携アプリは、Evernote内に新たなノートを作成するものばかりです。結構な確率でこのシーンに出くわします。 更に嫌だなと感じてしまうのが新たにノートブックを作成してそこに保存するパターン。タグが勝手に付加されるのはまあ仕方ないとして、勝手にノートブックまで作ってしまうのは正直困ります。そういう仕様だから仕方ないのは承知してるんですけどね。 作成されたノートを自分の意図するノートブックに手動で移動しなければならないわけですが、わざわざPCの電源を付けるのも面倒だしiPhoneのEvernoteで整理するのもとても面倒。そんな時にAutoEverが活躍するわけです。 今回は保存先のノートブックを指定出来ないEvernote連携アプリはAutoEverを使えば半自動で整理してくれますよっていうお話です。

AutoEverとは

簡単に言うとノートの移動ルールを予め決めておき、ワンタップでそのルールに従ってノートの移動を行うという凄いアプリです。かれこれ1年半前位に登場したアプリですが今でも便利に使っています。 AutoEver – EvernoteでのルーチンワークがシンプルにApp カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ 販売元: Shamrock Records, Inc. – Shamrock Records, Inc.(サイズ: 2.7 MB) 参考:起動後ワンタップで Evernote内のノートを自動で移動できる AutoEver が遂にリリース | Punksteady

自分の場合、Grid Diary という日記アプリとSleep Meisterという睡眠記録アプリで作成したノートをAutoEverを使用してノートを移動しています。 予めプリセットと呼ばれる移動ルールを登録しておきます。あとはアプリを起動して真ん中下のボタンをタップ「全てのプリセットを実行」するだけで整理完了です。 Grid Diary – 最もシンプルに日記を始める方法! App カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化 販売元: Sumi Interactive – Xiamen Sumi Network Technology Co., Ltd.(サイズ: 17.1 MB) Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム App カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル 販売元: Studio Amuate – Naoya Araki(サイズ: 21.1 MB)  

タグを活用する

Sleep MeisterもGrid DiaryもEvernoteにノートを作る際はどちらもアプリ名のタグが自動で付加されます。 そのタグを逆手にとって活用するのです。 Sleep Meisterの場合はデフォルトのノートブックにノートが作成されるので、対象のノートブックはデフォルトを選択します。移動したいノートブックを選択し、条件にタグを選択。 Grid Diaryは同名のノートブックを対象にして同じく条件にタグを選択します。 これでプリセットの準備はOKです。

まとめ

後は隙間時間に「すべてのプリセットを実行」すれば、自動的にノートが移動されます。 保存先を指定出来ないEvernote連携アプリを使っていても簡単に整理できます。保存先を指定出来ないなんて嘆かなくても良いのです。 設定もそこまで難しくはないので是非使ってみてください。最近話題になっているアプリなので熱く語ってみました。 AutoEver – EvernoteでのルーチンワークがシンプルにApp カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ 販売元: Shamrock Records, Inc. – Shamrock Records, Inc.(サイズ: 2.7 MB) 参考:瞬殺!iPhoneだけでEvernoteの整理を自動化しちゃう方法がスゴイ #寄稿 | delaymania

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です