PostEverでタイムスタンプが使いたい!TextExpanderを使えばOK!

 
Alice in Wonderland: White Rabbit – Who Killed Time? by Brandon Christopher Warren
現在、行動は、iライフログで記録、感情はPostEverで記録するというスタイルを試している @ika621 です。 iライフログ App カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル 販売元: Natz Soft – Norio Natsume(サイズ: 5.5 MB)   PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートにApp カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化 販売元: Atech inc. – Atech inc.(サイズ: 1.5 MB)
PostEverを長い間愛用していますが、どうしても気になる点が1つあります。それは、タイムスタンプボタンが実装されていないことです。 位置情報と共に、タイムスタンプが自動的に記録されいる仕様ではありますが、正直を言うと非常に見にくいです。そこで自分でタイムスタンプを簡単に付ける方法を行ったところ、非常に良い感じだったのでシェアしたいと思います。

TextExpanderを使おう

▲こちらの画像を見てください。デフォルトのタイムスタンプは、非常に小さくて見にくいことが分かると思います。文章の冒頭にタイムスタンプがあったほうが、より分かりやすいです。 PostEverは、TextExpanderと連携しているので、これを利用して簡単にタイムスタンプを入れることが可能です。   TextExpanderApp カテゴリ: 仕事効率化 販売元: SmileOnMyMac, LLC – SmileOnMyMac, LLC(サイズ: 3.6 MB) ▲PostEverの設定でTextExpander連携をオンにします。 ▲次に、TextExpanderのアプリで上図のようなスニペットを作成します。 「Abbreviation:」には、自分が押しやすいアルファベットを指定します。覚えやすいものが良いでしょう。自分の場合、キーボードから押しやすい「q」を2つ並べました。 「Content:」は、変換される文字を入力します。タイムスタンプを入れる場合
%H:%M %|
と入力します。これでPostEverで「qq」と入力するとタイムスタンプが挿入されます。

まとめ

PostEverに標準でタイムスタンプボタンを実装されれば良いのですが、今の時点ではTextExpanderに頼るしかなさそうです。 とても簡単にPostEverでタイムスタンプが打てますので、タイムスタンプを使いたいという人は試してみてください。 「Content:」をカスタムすれば、年号や月、秒まで入れることも可能になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です