Runtastic フィットネスパックで毎日筋トレをすることに決めたぞ!

 


Withings Steel HR を購入してから1ヶ月ちょっと経過しました。やはり健康に対する意識というものに変化がありました。
生活リズムも超朝型になり、運動をするようになって食生活にも気を付けるようになりました。(特に夕食の内容・量)
お酒の量も減ったし体も軽くなってきた気がします。

ただ最近気にしているのは「体脂肪率」。走ってはいるものの全く減る気配がありません。
どうしたものかと思いとりあえず筋トレを始めてみることにしました。
毎日少しずつ無理なく継続してやっていこうと思い、毎日のタスクに組み込みました。


Runtasticの筋トレアプリを使用

何かいい筋トレアプリはないかなと探していたところRuntasticシリーズが良さそうだったの、早速ダウンロードしました。どうせやるなら継続してやろうと思ったので、有料のPRO版を購入。「腹筋・スクワット・腕立て伏せ・懸垂」のシリーズがあり、各250円。「Runtastic 自宅で気軽にフィットネスパック – runtastic」というバンドル販売もありこちらのほうが600円とかなりお得でした。懸垂は流石に自宅でデキないのでいらなかったんですがそれでも安いのでまぁいっかという感じでした。

ちなみにApp storeでは2014年にバンドル販売がスタートしましたが、3年以上経過してから初めてバンドル購入をしました(笑)
各アプリ、スマホのセンサーを利用して数をカウントしてくれます。腹筋の場合は上図のように持って腹筋をすることで自動的にカウント、もちろん英語ではあります音声で数を言ってくれます。3つのレベルのプランが用意されていて一番易しいレベルからスタート。腕立て伏せの場合、顔の位置にスマホを置いて顔を近づけることでカウントされる仕組みです。


セット数・回数は予め設定されていて、その回数をこなすとクリアになります。きちんとインターバルもとってあるので(とばすことも可能)自分のペースで進めることもできます。1日1セットはノルマとして行うことに決めました。最初の時点ではまだまだ余裕でしたが、今後回数が増えていくときつくなりそう。


定番ではありますが、バッジを集める機能があります。こういう機能はついつい集めたくなっちゃいますよね。個人的に大好きです。毎日続けてコンプリートを目指したいです。Facebookと紐付けて友達と競ったりランキング機能もあるので、なかなか継続できないという人は友達を巻き込むのも一つの手ではないでしょうか。

まとめ

それぞれ無料版もあるので、気になった人はまず無料版から試してみるのも良いと思います。自分の場合は頑張りたいのでいきなり有料版を購入しましたけどね。(一回のランチ代と思えば安い安い!)夏に向けてマッチョになるぞ〜と意気込んでくる人は是非一緒に筋トレ初めませんか。ちょっと本を読んで勉強してみようかなとも思っています。以上ika621でした。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Copyright © 2011-2017 Punksteady All Rights Reserved.

Powered by WordPress & yStandard Theme by yosiakatsuki