Withings Steel HRを1週間使用して感じた5つのグッドポイント

 


Withings Steel HRを使用してから1週間ほど経過しました。実際に使用してみて、よかった点を中心にレビューをしてみます。

1.歩数の進捗がひと目でわかる

時間を確認すると同時に、目標に対しての歩数の進捗具合がひと目でわかるようになっています。これがかなり素晴らしくて、なんとかして目標を達成してやろうと意識になります。目標値が常に見えている効果は計り知れません。自分の場合、ランニングに行かないと目標を達成することがわかったので可能な限りランニングするように心がけています。

1週間も装着していると自分にとって妥当な目標値が見えてくるはずなので、まずは1日1万歩の目標でスタートすることをお勧めします。

2.自動的に睡眠を記録

自動的に睡眠のログを記録してくれます。寝る前に何かボタンを押すこともなくSteel HR本体が睡眠を認識して睡眠を記録してくれるので全てお任せできるのは便利!サイレントアラームをセットするとバイブレーションで起こしてくれるので、家族に気付かれずに起きることができます。ただし、よくある眠りの質によってアラームの時間が変化するわけではないので注意してくださいね。

3.バッテリーの持ち具合が良い

1週間装着し続けて、バッテリーの残りの残量は60パーセント以上。スマホと違ってバッテリー残量をそこまで気にしなくていいので本当にストレスがありません。もし毎日充電しなければならないとなったらわざわざスマートウォッチなんて使おうとは思わないということを確信しました。残量が10パーセントを切ったぐらいに充電すれば充分かなといった感じです。充電速度も早いしね。

4.「意識」が変化する

前述したように、歩数が少ないから歩こうと「意識をする」、脈拍が早いから呼吸を「意識」して深呼吸をする、睡眠時間が少ないから今日は早く寝ようなど、装着することで健康に対する「意識」が確実に変化します。「意識」が変化することで「行動」にも変化が現れます。常に体の状態が見えることは大事なんだと改めて思いました。

5.デザインが素敵!

装着をしていて思うのがやっぱりデザインが素敵だということです。オシャレだから、常に付けていたいという感覚です。職場でも人の目を気にすることなく付けていられます。以前使用していたウェアラブルはアクセサリーに近い感覚であまり付けているのを他人に見せたくなかったんですよね。でもSteel HRはどこからどう見てもアナログ時計にしか見えません。堂々としていられるのは精神的にも良いです。

まとめ

Withings Steel HRは健康を意識したい人にぴったりのスマートウォッチです。通知機能やサードアプリとの連携等を求めてしまうとがっかりしてしまうかもしれません。まぁそこはスマートウォッチに何を求めるのかという使う人の問題かとは思いますが。

個人的には本当に買ってよかったなと思える商品でした。これからも愛用していきます。以上ika621でした。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Copyright © 2011-2017 Punksteady All Rights Reserved.

Powered by WordPress & yStandard Theme by yosiakatsuki