リッチテキストをサポートしたEvernoteメモアプリ「Qisa」ツールバーまでカスタム可能!

Evernote連携アプリといえばやはりFasteverを筆頭とした「投稿用メモアプリ」でしょう。今回紹介するのは「Qisa」というアプリです。ノートの新規作成だけではなく、Evernote内のノートを検索して再編集・更新することまでできてしまいます。しかもリッチテキストをサポートし、自分ごのみのエディタにカスタマイズすることまでできてしまう優れたアプリです。 マークダウン対応「Poste」Evernote検索とジェスチャーアクションで様々なことが実行出来る「everPost」と同じ作者になります。さすが良い所を突いてきますね。 こちらが投稿画面です。何と言っても特徴はキーボード上のツールバー。左右スワイプで4つのツールバーを切替ます。このツールバーは自分好みにカスタマイズすることが可能です。よく使う機能を登録しましょう。 ノートの詳細画面では、タイトル、投稿するノートブック、タグの指定、リマインダーの設定、位置情報を指定できるようになっています。リマインダーに関してはボタンが独立しているので詳細画面からではなくても設定ができるようになっています。1ヶ月〜30分単位で変更できるボタンが地味に便利です。 投稿専用と思いきやEvernoteと同期して、すでに作成されているノートを検索して、編集・更新することまでできてしまう優れもの。このタイプは今までにあまりないタイプ。Evernote内のノート数によるとは思いますが同期速度もそこまで気になりませんでした。 設定画面からは、細かい設定ができます。タイトルやリンクのスタイルを指定できたり、日付のフォーマットを変更できたり。 そして何と言ってもQisaの特徴であるツールバー。ツールバーは全部で4つあります。 基本のチェックボックスやリストはもちろんですが、フォント変更ボタンや打ち消し線までも盛り込むことができます。写真や音声を添付することもできるし、なんとDropbox内のファイルをインポートすることもできてしまいます。 どんどん使って自分が使いやすい配置にカスタムしていけば、オリジナルのエディタの完成です。

まとめ

様々な機能が盛り込まれていますが、シンプルに使えるように設計されているように感じました。これひとつあればOK的なアプリに仕上がっています。ビジネスアカウントや共有ノートブックへの対応もしているそうなので気になった人は是非使ってみてくださいね。以上ika621でした。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です