Read Article

トラベラーズノートのリフィルをホチキスを使わずに2分で作る方法


トラベラーズノートユーザーのika621です。

トラベラーズノートのリフィルは紙質がとても良くて書き心地も素晴らしいのですが、ネックになるのは何と言っても値段。2冊で450円って・・・結構高いですよね。燃費を考えると悪すぎます。もう高級品。
珍しいノートのサイズなので、仕方のないことではありますが、安く済むのであればそうしたいのが本音。消耗品だし、そこまでこだわりがなければ、同じ大きさのノートであればOK。


そこで色々と調べてみると、ノートのリフィルを自作している人がたくさんいました。やっぱり世の中同じことを考える人はいるもんだ。



紙を半分に折って、厚紙と一緒にホチキスで留めて、不要部分をカットするという3段階。簡単とはいえ少しばかり面倒にも感じてしまいます。そこでもっと簡単な方法を考えてみたら、不要部分をカットするだけでいけました。

使うのはA5ノート


使うのはA5サイズのノート。トラベラーズノートと並べてみると、ご覧の通り縦の長さがばっちり同じです。


100円ショップのセリアで2冊で100円で購入したノートです。罫線付のものをチョイスしました。


青と赤の2色セット。表紙の紙はトラベラーズノートよりも硬めでしっかりとしています。

3分でリフィルを作る方法


さて、早速リフィルを作っていくわけですが、やることと言えばA5のノートの不要部分をカットするだけです。
トラベラーズノートの純正リフィルと重ねて、余分な部分に印を書き込み、そこに合わせてカットします。
カッターと定規を使ってまっすぐにカットしましょう。


我が家には、自炊用に購入してある裁断機があるのでこいつでカットしてしまいました。d(^_^o)
カットして不要になった部分はクリップで留めるなどしてメモとして有効活用してください。

カット後はこんな感じ。大きさも雰囲気もピッタリ。


手前が純正リフィル、奥が100円ノートリフィルです。右ページの上部の日付を書く部分はカットして無くなってしまいましたが、特に使わないので問題なし。


トラベラーズノートにセットしてみました。違和感もなくばっちりでした。

まとめ

ノートをゼロから作るよりも、カットをするだけで簡単にできるのでオススメです。しかも純正よりも頑丈です。
暇なときに量産してストックしておくといいかもしれません。

セリアで「トラベルメモリーズノートブック」が見つけられれば1番手っ取り早いんですけどね。


純正のリフィルが高いなと感じたら是非お試しください。100円だからガシガシ遠慮なく書けるのも魅力です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top