毎年恒例の初詣!群馬県の水澤観音に行ってきました


群馬県出身のika621です。新年になって早くも1週間経過しましたがいかがお過ごしでしょうか?

早くも息切れを起こしていませんか?頑張り過ぎには注意してくださいね。

元旦に毎年恒例の初詣、群馬県は水澤観音に行ってきました。毎年初詣の時期は、参拝客でとても賑わっています。

ここに来ると1年間頑張ろうとスイッチが入るんです。早速紹介します。

水澤観音 Top画像

坂東三十三番札所中第十六番 天台宗 水澤観世音は、千三百有余年の昔、推古天皇・持統天皇の勅願による、高麗の高僧恵灌僧正の開基であり、五徳山 水澤寺の名称は、推古天皇の御宸筆(ごしんぴつ)の額名によるものです。

東京へ三十六里、日光へ三十六里、善光寺へ三十六里という枢要なる霊場であるこの地は、歴代天皇の勅願寺として伝わり、上野の国司の菩提寺です。 また、朱色に塗られた御堂よ三つ葉葵は、徳川家の祈願寺として名を馳せたゆえんです。

引用元:水澤寺公式ウェブサイト

http://mizusawakannon.or.jp/history/


本堂まで長蛇の列

参拝客で賑わう駐車場からすでに長蛇の列となっています。本堂にたどり着くまでに20~30分近くかかります。

場所は伊香保温泉の近くなので、だいぶ山の上にあるので非常に寒いです。防寒対策は必須です。

魅力的な出店そんな寒い中、売店では温かい飲み物やおまんじゅう、だんごが売っているのでついつい買いたくなります。

もういい匂いが漂っていてたまらないのです。

梵鐘本堂の手前には誰でも鳴らせる梵鐘(ぼんしょう)があります。「大和の鐘」と呼ばれていて、これで除夜の鐘をならしているのです。なんでもこの梵鐘を鳴らすと金運がアップすると言われています。

賽銭を入れてゴーンと鳴らしましょう。子供と一緒に鳴らしている人が多かったです。

自分も子どもと一緒に鳴らしましたがとても喜んでいました。

やっと見えた本堂

本堂前ようやく本堂が見えてきました。線香の煙であたり一面真っ白いモヤがかかっています。

とても神聖な場所に来たという実感が湧いてきます。隣には六角堂(開運六地蔵)があります。

水澤観音 本堂
本堂は、江戸末期 天明七年(1787)の建築と思われ、昭和60年に伊香保町文化財に指定。

約230年も前の建物とは驚きです。非常に趣がある建物です。

この本堂前と先ほどの六角堂が強力なパワースポットと言われています。

線香本堂前で線香を炊いて、健康で過ごせるようにパワーを貰います。

初詣最後にお賽銭を投げ入れてお参りして終了。今年1年よろしくお願いします。

まとめ

  • 本堂前と六角堂が強力なパワースポット
  • 「大和の鐘」をつくと金運アップ
  • 寒いので防寒必須(お山の上にあります。)
  • 帰りに日本三大うどんの「水澤うどん」がオススメ
  • 伊香保温泉に寄るのもGood!
  • 拝観時間 8:00〜17:00


群馬県渋川市、伊香保町水沢214

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Copyright © 2011 Punksteady All Rights Reserved.

Powered by WordPress & yStandard Theme by yosiakatsuki