Read Article

無料でシンプルなランチャーアプリ「AirLaunch」で快適iPhoneライフ

AirLunchTop画像
通知センターから様々な機能を呼び出したり、アプリを起動できる「ランチャーアプリ」を使っている人は多いのではないでしょうか?

iPhoneライフがより快適になること間違いなしのランチャーアプリですが、無料かつシンプルな「AirLaunch」というアプリがオススメなので紹介します。


AirLaunchを使い始めたきっかけ

AirLaunch – Launcher on Today Widget
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ



自分が良く使う機能の中に「Wi-Fiの選択」と「アラームのセット」があります。

「Wi-Fiの選択」はEye-FiやScanSnapの使用時に設定から呼び出します。「アラームのセット」はコントロールセンターの「タイマー」から呼び出します。どちらも目的の設定へ変更する際に数多く画面をタップしなければいけません。

よく利用する機能なので、ストレス以外の何物でもありません。

通知センター画面
コントロールセンターでは「Wi-Fi」はオンオフしかできないし、アラームをセットしたいのに「タイマー」を起動しかできません。

ところが「AirLunch」を使えば通知センターから簡単に目的の設定画面にたどりつくことが可能となります。これは使うしかないですよね。

設定方法とアクションタイプ

設定
設定はとても簡単です。アプリを起動して「+」ボタンをタップすることでランチャーに登録します。

右上の移動・削除ボタンでランチャーのボタン配置を変更したり、ランチャーから削除します。

ランチャーに登録できるのは以下の通り。
  • System Action(iPhoneの設定)
  • Launch App(アプリの起動)
  • Clipboard(クリップボード)
  • Custom(オリジナル)
System Action
System Actionでは、音楽や天気、カレンダーなど、デフォルトアプリを起動するためのアクションです。

コントロールセンターで不満だった、「Wi-Fiの選択」と「アラームのセット」のアクションもきちんと用意されています。

Launch App
Launch Appではアプリを起動するためのアクションです。オススメのアプリが表示されるので目的のアプリがなければ検索で探し出します。

Clipboard
クリップボードにコピーしたテキストを利用してGoogle検索をしたりBing検索したり。使いこなせたらいろいろと便利そう。

Custom
Customでは自分で直接URLを入力することでウィジェット表示することができます。もちろんアイコンも好きなものに変更OKです。

まとめ

Widget
基本的な機能はすべて揃っている「AirLunch」。シンプルだけど使い勝手は良いです。ウィジェットから様々な機能やアプリを呼び出すのに大活躍です。

気になったらお試しください。以上ika621でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top