Read Article

StackOneとLaunch Center Proで子供のムービーをEvernoteに簡単に残す方法

2児の父親の@ika621です。毎日の子供の成長が嬉しくてたまりません。昨日できなかったことが今日は出来ている、そんなことは日常茶飯事です。

毎日、必ず子供の写真とコメントをEvernoteに残すことに決めています。それが将来の宝物になると信じているからです。併せてムービーも残すように心がけています。写真だけでは伝わらないものがあるからです。

喋れるようになった様子や、遊びに夢中な様子など、ムービーで残すと後に貴重な宝物になります。Evernoteがあれば、写真もムービーもまとめて、しかもとても簡単に残すことが可能なのです。

今回はムービーの残し方にスボットライトを当てたいと思います。


15秒動画カメラ

以前まで「15秒動画カメラ」というアプリを使用して子供のムービーを撮影していました。

15秒 – 動画カメラApp
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: Tandem Systems – Tandem Systems, Inc.(サイズ: 0.9 MB)

起動するとすぐにムービーの撮影が開始され15秒経つと自動で撮影を終了するライフログに最適なアプリです。
1日の終わりにPicportで1ノートになる設定で送信をしていました。

PicportApp
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
販売元: itok – 啓 Ito(サイズ: 15.9 MB)

ところが、iOS8にアップデートしたら、この15秒動画カメラがうまく動かなくなってしまいました。撮影は出来るけど残りの秒数がわからないといった状況です。

便利に使えていて、とても重宝していたのですが、アップデートでiOS8に対応する気配がないので別の代替策を考えることにしました。

StackOneを使う方法

そこで、当ブログでも紹介したStackOneを代替策として使うことにしました。
参考:新世代Evernote投稿ツール「StackOne」オリジナルルールで自分仕様にカスタマイズ | Punksteady

エバーノート投稿アプリ – StackOneApp
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Lakesoft – Hiroshi Hashiguchi(サイズ: 8.1 MB)

オリジナルの投稿ルールを作成することが出来て、なおかつ最新版だと何とムービーの投稿まで出来てしまうという優れもの。しかもURLスキームの活用をすることで、更に便利に使えるようになります。最近では好きなブログイロトリドリでもわかりやすくStackOneを紹介されています。少なからず影響を受けています。

参考:StackOne:「ルール」で自動的にノートを切り替えるEvernote投稿専用アプリ!使い方を説明します! | イロトリドリ

StackOneのURLスキームをLaunch Center Proで利用するとEvernoteへのメモが劇的に捗る #七ブ侍 | イロトリドリ

StackOneとLaunch Center Proを活用したら、簡易なお小遣い管理(出金管理)アプリみたいになったよ | イロトリドリ

ムービーの残し方

まずは「ルール」の作成を行います。自分の場合、日付単位でまとめたいので、ローテションは「毎日」、タイトルは日付となるように設定しました。保存先のノートブックとタグの指定もここで行います。

続いて肝心の動画設定。まずは品質設定です。高品質、中品質、低品質、640×480、1280×720、960×540の6タイプから選択します。自分にあった品質を選びましょう。試しに「高品質」で15秒間撮影して保存してみたところ、50Mのムービーになりました。大きすぎて複数保存できないし、送信にも時間がかかったので、15秒動画カメラと同じ「640×480」がやはり最適かなと思いました。こちらは大体6M程でした。

次に、カメラロールに残す・残さないの設定です。Evernoteに送るのであれば残さない方がiPhoneの容量的にも優しいのかなと思います。
次に最大時間ですが、もちろん15秒に設定。撮影時間を指定出来るカメラアプリってありそうでほとんどないんですよね。
最後に、すぐに撮影するかどうかの設定です。これをオンにしておくとムービーボタンをタップしただけですぐに撮影開始になります。

撮影をする方法はとても簡単。ビデオカメラマークをタップして撮影開始。15秒経過すると自動的にストップするので、保存をするだけです。

LCPと組み合わせると便利


自分はランチャーアプリLCPを愛用しています。動画を撮影するルールのURLスキームをコピーして登録しておくと、すぐにルールを呼び出して撮影できるので大変便利です。アイコンに子供の写真を使用するとなかなか良い感じ。

Launch Center ProApp
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Contrast – Contrast Apps LLC(サイズ: 38.4 MB)

URLスキームの登録方法はこの記事に詳しく書かれています。
参考:StackOneのURLスキームをLaunch Center Proで利用するとEvernoteへのメモが劇的に捗る #七ブ侍 | イロトリドリ

StacOneでムービーを撮影してEvernoteに送信すると、自動的に1ノートにまとめることが出来て、時間とMAPリンクが挿入されます。これならいつどこで撮影したかすぐにわかります。

更にすごいのが、動画のサムネイルを自動的に作成して記録してくれます。ファイルを開かなくても、大体どのような動画なのか分かってしまいます。

まとめ

ムービーまで送信できてしまうStackOneには本当に驚きました。どんどん進化しています。次のアップデートではウィジェットから呼び出せるようになりそうなのでこれも楽しみですね。

子供の貴重なムービーを、とても簡単にEvernoteに残すことが出来るので、小さいお子さんがいる人にぜひ試して欲しいです。以上@ika621でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top