Read Article

子供の寝かし付けで一緒に眠ってしまうのを防ぐ「添い寝アラーム」がかなり良い!

一歳八ヶ月の娘のパパ@ika621です。仕事から帰るとご飯を食べて、子供とお風呂に入り、寝かしつけるという流れになっています。隣にいないと中々寝ない子なので寝かし付けは必須なのです。

子供は眠くてグズを言うので、急いでご飯を食べて、すぐにお風呂に入り寝かし付け。息つく暇もありません。お腹がいっぱいで、体がポカポカしていたら当然自分も寝かし付けで一緒に寝てしまいます。睡眠ログどころではありません。

子供が寝た後が自分の時間となるのですが朝まで眠ってしまい、自分時間が確保出来ない日が多々ありました。本は読みたいし、ブログは書きたいし、映画も観たい。朝型にするのも良いのですが子供が早く起きてしまうと何も出来なくなるのでやはり、寝た後が最適なのです。

何とかならないものかとアプリを探していたら素晴らしいアプリを発見しましたよ!


添い寝専用のアラームアプリ

それが今回紹介する「添い寝アラーム」というアプリです。iPhoneの加速度センサーとマイクを利用して眠りを感知すると、起こしてくれるアラームアプリです。本当に良く出来ているので、同じような環境の人に是非試してもらいたいです。

添い寝アラーム-こども寝かしつけアプリApp
カテゴリ: ライフスタイル
販売元: RR Soft – Ryusuke Hotta(サイズ: 11.4 MB)
▲こちらが起動画面です。設定とスタートボタンだけというシンプルなものです。

 

▲スタートをタップしたら枕元かポケットに入れておきます。加速度センサーと本体内蔵マイクを利用して眠ってしまっているかどうかを判断します。

アラームは最初はバイブレーターで通知、その後一定時間アラームが止められない場合は音で知らせてくれる仕組みです。子供まで起こしてしまうことがない設計になっています。

 

▲ヘルプには詳しい使い方も載っています。

 

▲設定では時間指定でアラームを鳴らせたり、アラームまでの時間を変更することが出来ます。

まとめ

  • 寝付きを加速度センサーとマイクで自動判別
  • バイブレーターの後に音で知らせてくれる
  • シンプルに使える
このアプリを使い始めてから、寝かし付けで朝まで眠ってしまうということが無くなりました。おかけで自分の時間を確保することが出来ています。
子供の寝かし付けで自分まで眠ってしまい、困っている人は是非試してみてください。

添い寝アラーム-こども寝かしつけアプリApp
カテゴリ: ライフスタイル
販売元: RR Soft – Ryusuke Hotta(サイズ: 11.4 MB)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top