Read Article

睡眠ログをダイレクトにEvernoteへ記録できる「Sleep Meister」

布団の中でヌクヌクするのが大好きな@ika621です。新年いかがお過ごしでしょうか?
最近やたらと寝つきと寝起きが悪い日があったので、睡眠ログをとるのと同時に、気持ち良く起こしてくれるアプリ「Sleep Cycle alarm clock」を再度使い始めてみることにしました。

Sleep Cycle alarm clockApp
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ユーティリティ
販売元: Maciek Drejak Labs – Maciek Drejak Labs(サイズ: 25.3 MB)

寝返りや体の動きを加速度センサーで感知して眠りが浅いレム睡眠時に目覚ましを鳴らしてくれるため気持ちが良い状態で起きることができます。
睡眠ログはメールでEvernoteへ送信することにより残すことも可能です。
参考:Sleep Cycle alarm clock: 始めよう快適目覚め生活!もうこのメロディ以外じゃ起きたくない! – たのしいiPhone! AppBank

しかし、色々と調べると、もっと簡単にEvernoteへ睡眠ログを残すことが出来るアプリがありました。それが今回紹介する「Sleep Meister」です。どうせログをとるなら簡単な方が良いということで、こちらを使うことに決めました。

Sleep Meister – 睡眠サイクルアラームApp
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
販売元: Studio Amuate – Naoya Araki(サイズ: 21.1 MB)



 

シンプルだけど多機能

使い方はとてもシンプルで「Sleep Cycle alarm clock」とほぼ同じです。
寝る前にアプリを起動して枕元やシーツの下にiPhoneを置いておきます。

▲起床したい時刻にタイマーをセットします。メモや行動、つぶやきや寝言の録音などかなりの多機能っぷりです。
中でも、オススメは行動の記録です。アルコールやカフェイン、運動や入浴といったチェックボックスが用意されているので該当するものにチェックします。これらによって睡眠の質がどう変化するのかわかるかもしれません。
そして、記録は右図の様にされます。入眠時間や覚醒時間、睡眠効率までわかってしまいます。日本語表記は嬉しいですね。
▲リスト表示やグラフ表示で細かいデータの分析を行うことが出来ます。

 

▲設定画面ではアラームの音楽やスヌーズの設定、センサー感度の設定等を行います。自分の睡眠環境だとセンサー感度は一番強くてもOKでした。
▲さて、肝心のEvernoteへの送信ですが、グラフ画面から行います。
グラフのすぐ下、画面中央付近にあるボタンをタップすると記録をシェア出来ます。
ここでEvernoteを選択して、投稿をタップするだけでEvernoteにデータが送信されます。

 

▲Evernoteには上手のように、ノートが作成されます。アプリでのグラフ表示がそのまま記録されます。
これで簡単にEvernoteから睡眠ログを見ることが出来ます。

まとめ

  • Sleep Cycle alarm clockよりも使いやすい
  • Evernoteへのデータ送信が簡単
  • シンプルなUIだけど多機能
目覚めが悪い人は睡眠ログをとって分析することで改善できるかもしれません。また、ライフログのひとつとしてEvernoteに記録をしたいと思った人は是非お試しください。
以上@ika621でした。

Sleep Meister – 睡眠サイクルアラームApp
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
販売元: Studio Amuate – Naoya Araki(サイズ: 21.1 MB)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top