Read Article

こんな本を探してた!生まれてきてくれてありがとうを写真に残す「子供写真の撮り方手帖」

一児のパパの@ika621です。先日念願のデジタル一眼レフ Canon「EOS Kiss X7」を購入して子供をパシャパシャ撮っていますが、中々良い写真を撮るのは難しいものです。

機能や設定、専門用語を覚える必要があるなと改めて実感。そして、カメラの撮影術的な本が欲しいなと思い始めました。主な被写体が子供なので、それ関連の本を本屋にて探していた所、とても良さそうな本があったので購入しました。
それが「子供写真の撮り方手帖」という本です。

 

目次はこんな感じ

  • 1きれいに撮る5つのきほん
  • 2おうちで撮るかわいい写真
  • 3お外で撮る元気な写真
  • 4親子で楽しむおしゃれフォト
  • 5カメラを使いこなそう
  • 6撮影後も楽しい写真術

基本のきの字からシーン別まで

基本の「絞り」や「露出」「ISO感度」「ホワイトバランス」の説明から始まり、お家や外での撮影術、動物との撮影や運動会などのイベントでの撮影、写真整理の方法まで書かれています。
作例にはどういう設定で撮影したか掲載されているのでとても参考になります。
このシーンではこの設定!というのを何となく覚えることが出来ればぐっと良い写真が撮れるはずです。
熟読&撮影を沢山して身につけて行きたいと思います。

まとめ

意気込んで、一眼レフカメラを買ってみたものの正しい設定で使えていない、または使い方がわからないって人は自分を含めとても多いのではないでしょうか?
子供が生まれて一眼レフカメラを買う人・買った人にはお薦めの一冊ではないかと思います。

作者は写真ブログで有名な川野恭子さんという方です。
ブログもとても参考になるのでじっくり読む予定です。掲載してある写真はどれも素晴らしくタメになります。
参考:カメラ女子「きょん♪」の簡単ステキ写真術

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top