Read Article

子供のおもちゃ箱をEvernoteにも作って記憶を保存することにした

Analogue Angry Birds - 無料写真検索fotoq
photo by Iain Tait

今日で子供が産まれてから丁度300日目です。子供の成長の早さに驚き連発の@ika621です。

プレパパに贈る!これからパパになる @ika621 のEvernote活用術 | Punksteady
去年の今頃はこんな記事を書いています
自分の欲しいものそっちのけで、子供におもちゃを買ってあげるようになってしまいました。
その他にもこどもちゃれんじで毎月知育のおもちゃが付いてきたり、両親に会うたびにおもちゃを買ってもらったり、レストランで貰ったりと凄い勢いでおもちゃが増えていきます。おもちゃ箱に入りきらないぐらいです(笑)

子供ってすぐにおもちゃに飽きてしまうのですが、しばらく時間をおいておもちゃを出してあげると喜んで遊ぶんですよね。だからおもちゃは一方的に増えていくのです。


おもちゃひとつひとつに『思い出』がある

おもちゃひとつをとっても、いつ買ったのか、誰が買ったのか、そのおもちゃをあげた時どんな反応をしたのか、どんな遊びをしたのか?などたくさんの『思い出』が宿っています。

当然ながら、『思い出』は記録しておかないと薄れていくものです。そこでEvernoteに「おもちゃ箱」というノートブックを作成し、そこにおもちゃの記録を残すことにしました。

とは言っても何も難しいことはありません。おもちゃの写真を撮ってEvernoteに送信するだけです。1つのおもちゃで1ノート作成します。

写真1枚だけでも残しておけば間違いなく『思い出』は蘇ります。


FastEver Snapで簡単に記録

使用するアプリはFastEver Snapです。写真を撮ればその場でEvernoteに記録されます。

FastEver SnapApp
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment(サイズ: 3.5 MB)

 

後はひたすらおもちゃの写真を撮っていくだけです。

本来であれば、おもちゃを買った場所で撮影したり、その他の情報を記録しておくことが望ましいのでですが、かなりの手間になってしまいます。ライフログと同じく、無理なく・楽しみ・継続する為にも写真だけに絞ることにしました。

まとめ

おもちゃは、いつかは処分しなくてはならない日がやってくるでしょう。それでも写真1枚さえ残っていれば、おもちゃがなくなっても『思い出』までなくなることはありません。写真1枚の有無で、記憶を呼び起こすトリガーに雲泥の差が出来るのです。

子供が遊んでいる姿の写真でも良いのですが、おもちゃだけの写真のほうがコレクションをしているようで楽しいんですよね。

写真が増えていくとどんどん楽しくなりますし、将来子供が大きくなった時にこんなおもちゃで遊んでいたんだよって教えてあげることも出来ます。今の時代だからこそ出来ることなのではないかなと思います。

あなたも、子供のおもちゃ箱をEvernoteに作って記憶を保存してみてはいかがでしょうか?

参考:(旧)Punksteady: 自分のCDをひたすらEvernoteに突っ込んでみたら想像以上にスッキリした

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top