Read Article

DPUB7にてEvernote Helloが大活躍!2.0のアップデートで搭載されたHello Connectが凄すぎる!

DPUB7で燃え尽きた@ika621です。いや~皆さん熱かった!2次会までの参加となりましたが、良い刺激をたくさん貰えて、改めて参加してよかったなと思いました。

ブログをやっていなかったらDPUBで出会うことも無かったんだなと思うと、ブログってやっぱり素晴らしいものなんだと感じました。
ブログを書いているのも「人」だし、読んでいるのも「人」。
ディスプレイを通しているだけで結局のところ「人」。その「人」に出会えることが出来るからこそDPUBが人気なのではないかなと思います。
タイミングと場所が合えばまた参加したいなと思います。

さて、このDPUB7にて先日アップデートした、Evernote Helloを早速使ってみました。アップデート前はほとんど出番がなかったこのアプリ。使ってみたらビックリするほどの変化で驚きました!

Evernote HelloApp
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 25.5 MB)

Evernote Foodと同じくEvernote純正アプリ!Evernote Helloが登場 | Punksteady

 


Hello Connectに感動!


▲入力方法は3種類から選択することが出来ます。今まではiPhoneで写真を撮影して(4枚パシャパシャ)、プロフィールを入力してもらって(もしくは自分で入力)して・・・・と手間がかかるので、正直良いアプリとはいい難かったです。
しかし今回のアップデートで、名刺スキャンと、Hello Connectという方法が新たに追加されました。

このHello Conectが実に面白かったです。イメージとしては、Evernote上での名刺交換とでもいいましょうか。予めプロフィールを設定しておく必要がありますがHello Conectを使えば簡単に出会いを記録することが可能になるのです。

是非とも、Evernoteユーザーは、Evernote Hellをダウンロードして使用してほしいなと感じました。

 

Evernote Hello 2.0: 会った人の情報をすべて記憶する | Evernote日本語版ブログ
新機能のうち一番楽しいのが「Hello Connect」です。何人もの Evernote Hello ユーザと、電子音を使って連絡先情報を交換できます。この機能を使えば、打ち合わせやオフ会の開始時、自己紹介に長い時間をかける必要がなくなります。まずグループ内の全員に iPhone で Evernote Hello を立ち上げてもらい、アプリが起動できたら誰かひとりが「連絡先を追加」メニューで Hello Connect をタップします。すると電子音が鳴り始め、数秒でみんなつながります。 …
Evernote Helloで連絡先追加を押すと、その場でEvernote Helloを立ち上げている人が一瞬にしてお互い繋がります。1人だけではなく皆が繋がったのでビックリしました。感動しましたね。もちろん1人ずつ追加していくのも良いと思いますが、オフ会とかにはEvernote Helloユーザーを集めて一気に繋がるのもアリだなと思います。

 


▲自動でEvernote Helloユーザーを拾えない場合はもちろん手動でHello Connectを使うことが出来ます。1人が発信すると4桁のパスワードが表示されます。受ける側がこの4桁のパスワードを入力すればOKです。
原因は分かりませんが、なかなか繋がらない場合もあったのでこの方法を試したらすんなり解決しました。

後からでも追加出来る!

名刺があれば名刺をスキャンすることで入力することが出来ます。


▲名刺をスキャンするとこんな感じで並んでいきます。予想以上に名刺のスキャンをすることが出来ます。また、名前やメールアドレス、Twitterアカウントなど読み取れれば自動的に登録をしてくれます。文字認識が働かない時もあるのでその時は手入力。

参考:Evernote Helloが2.0にアップデート 名刺の写真を撮ってデータが入力できるように | ごりゅご.com

Twitterアカウントを登録しておくと、EvernoteからSafariを立ち上げ、その人のTwitterアカウントページにジャンプすることが可能になります。なるべくTwitterアカウントを登録しておくことをおススメします。Twitterのアイコンと実際の顔が一致しない場合に役立つはずです。

 


▲もちろん出会った場所と日時は編集可能です。場所に関しては、住所を入力すれば、Foursquareのチェックインポイントを引っ張ってきてくれるので具体的な場所を記録することが出来ます。ここではもちろん「ぶた組 しゃぶ庵」をチョイス!

日時も、細かい時刻まで変更可能となっています。Evernote Helloでは出会って記録した人が時系列に並ぶので分かる範囲で時刻まで入力したほうが良いでしょう。

まとめ

Evernoteユーザーの名刺交換はこのEvernote Helloだけで済むのではないかなと思いました。複数の人がお互いに一瞬で出会いを記録出来る画期的なアプリとなりました。これは間違いなく人気が出そうな予感。是非使って見て下さい!

もし機会があれば是非Evernote Helloで名刺交換をしましょう!

Evernote HelloApp
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 25.5 MB)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top