iPhone5のカメラで撮影した動画は容量がデカイ!ライフログ的には「15秒-動画カメラ」が良い

iPhone5は使っていて本当に楽しいですね。ホーム画面を眺めては、うっとりしている@ika621です。

自分の場合、iPhone4からの機種変更だったのでもう画面の美しさからして感動物なのです。更には写真が綺麗に撮影出来てしまうのです。これはもうデジカメレベルで、今まで以上にiPhoneのカメラでの撮影が楽しくなりました。
しかし、美しいがゆえにちょっとした問題も出てきました。それは・・・・・・・

「写真・動画」の容量が大きくなってしまうこと。

まぁ当たり前と言えば当たり前なのですが。


容量大きすぎ・・・・・

自分の場合、写真や動画は全てEvernoteに送信して保存をしておきたいのです。子供が産まれてからなおさらそう思いました。

写真や動画はPictShareというアプリを使用していっきにEvernoteに保存をします。

PictShare – multiple photos/movies uploaderApp
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
販売元: itok – 啓 Ito(サイズ: 3.4 MB)

 

あるとき、iPhone5の純正カメラで子供の動画を撮影してみました。丁度1分になるように撮影し、PictShareでEvernoteに送信!

ところが・・・・・送信中の画面を見てびっくりしたのです。たった1分の動画の大きさが「120MB」となっていたからです。Evernoteの1ノートの最大容量は「50MB」です。これではEvernoteに格納することも出来ません。ハイクオリティがゆえに大きすぎる容量。

「動画も純正アプリでOK」なんて考えていた自分がおろかでした。自分の場合、子供の動画や、ライフログとして動画を撮影します。なので大体撮影できればOKなのです。ここの「大体」がミソなのです。

「大体」=「15秒」

iPhone4時代は、動画の容量がそこまで大きくならなかったので気にせず撮影していました。しかしiPhone5になってからはこのありあさま。ということで再び「15秒-動画カメラ」を使用することにしました。

15秒 – 動画カメラ App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: Tandem Systems – Tandem Systems, Inc.(サイズ: 0.9 MB)

参考:15秒 起動した瞬間に動画撮影開始 「ライフログ」に動画も残す | ごりゅご.com
15秒は、基本640x480pixelの動画なので、言ったらしょぼい画質。ただ、その程度でも十分「見られる」レベルの動画が残せる(上記動画見たらだいたいわかる) …

 

ちなみに、15秒で残した動画はだいたい容量が6~7MBくらい。このくらいであれば、Evernoteにもそれなりの数の動画を残しておくこともできる。(無料アカウントだとツライ)

15秒間は短いようで意外と長いです。15秒もあれば大体がわかります。子供の動画やライフログとしては十分なレベルです。起動した瞬間に撮影開始でき、更にはPictShareを立ち上げて即送信なんてことも出来ます。LTEだと高速で送信可能。

機能的にも素晴らしく、見直すべきアプリだなと思います。

同じ15秒でもこんなに容量に差が出る

解像度が異なるから当たり前と言えば当たり前。


▲まずは15秒間、純正のカメラアプリで動画を撮影。すると容量はおよそ32MBとかなり大きめ。

 


▲続いて15秒動画カメラで撮影。容量はおよそ6.5MB。

約5分の1のサイズになりました。

まとめ

長い撮影時間で、綺麗に動画を残しておきたい場合は「純正カメラ」で撮影。ライフログのように簡易的で十分であれば「15秒動画カメラ」で撮影するといった使い方をすると良いでしょう。見返すのが楽しくなりますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Copyright © 2011 Punksteady All Rights Reserved.

Powered by WordPress & yStandard Theme by yosiakatsuki