メモとカレンダーが超さりげなく連携するMeemoがEvernoteと連携した

  それは原石No.003のアプリでした。リニューアル式の @Motoshi_t さんによる原石アプリ。 参考:Meemo:メモとカレンダーが超さりげなく連携するタスク管理アプリ[原石No.003] – リニューアル式   Meemo with CloudApp カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ 販売元: JNY – YK Park(サイズ: 6.2 MB) MeemoがEvernoteと連携しました。Dropboxにもバックアップが可能に! 早速試してみることにしました。

まずは設定を

▲設定ボタンをタップします。 ▲まずはEvernoteと連携させます。 ▲アカウント情報を入力してサインインします。 ▲まずはEvernoteと同期させましょう。始めの同期は意外と時間が掛かります。 Wi-Fiで同期することをお薦めします。 ▲次にDropboxにバックアップするための設定をします。 ▲すると、Dropboxアプリが立ち上がり、上図のように許可を求められます。 「許可」をタップして完了です。の他に、Wi-Fi同期やパスコードロック、カラーデザインの変更も設定から出来ます。

メモを作成する

▲まずは、カテゴリー追加するところから始めましょう。 試しに「ブログネタ」「一行日記」というカテゴリーを追加してみました。 ▲それでは早速ノートを作成していきます。 下にぬるっと引っ張ると新しいノート作成画面になります。 テキストを入力したら、リマインダーの設定や予定時刻の設定します。 カテゴリーの選択もここで行います。ここでは「ブログネタ」を選択しました。 場合によってはToDo、スターを付加します。 ▲リマインダーやカテゴリは、キーボードを英字に変更しないと出現しません。 全て設定が完了したら「Save」をタップします。 ▲カレンダー表示にするとこのように表示されます。 リマインダーの設定した日に表示されます。ノートを作成した日に表示されるのではないのでご注意を!

Evernoteでの見え方

「カテゴリー」=「ノートブック名」になり、新たにノートブックが作成されます。 [かっこ]が含まれるのでノートブックの上部に位置すると思います。 Evernote上では、このようにテキストのみが表示されます。テキスト以外の情報も自動で入ったら面白いなぁと思いました。ノートブックの指定やタグ付けといったことがないので至ってシンプルです。

まとめ

このアプリはEvernoteと双方向で同期出来るので、外ではiPhone、家ではEvernoteで編集といった使い方が出来ます。双方向同期は魅力的です。同期は体感的に早いと思います。 ToDoアプリというよりはリマインダー付メモといった感じですね。 ブログを書いている人はネタ帳として使えるのではないかと思いました。更新頻度が高ければ高いほど、「この記事はいつに書いて、いつにアップしようか」と考えるはずです。Meemoはメモとカレンダーが連携しているので、ブログの予定が立てやすいのではないでしょうか?ブログのネタ帳に限らずとても便利なアプリです。無料なので是非試してみてください。 希望としては、Retinaディスプレイ対応、日本語キーボード対応、同期ボタンが機能しない(現時点で手動)といった問題をアップデートで解消して欲しいです。そうすればもっと素晴らしいアプリになると感じました。確かに原石アプリに間違いない!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です