Read Article

WindowsユーザーがSkitch for iPadを使ってブログ画像を作成する方法

Widescreen Skitch Wallpaper by jcsizmadi
Windowsユーザーの @ika621 です。Skitchが大好きです。

iPhoneブロガーにはMacユーザーが非常に多いなと以前から感じていました。ブログ画像にSkitchを使う率が非常に高く、スタイリッシュでカッコイイなと指を加えて見ていたわけです。

どうせWindowsだし・・・・Skitch使えないし・・・・・iPad持っているけどiPad版Skitchってなんか微妙じゃない?・・・とつい最近までやさぐれていました。

SkitchApp
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 32.1 MB)

しかし、ある日Skitchを触っていたら、思いのほかいいではないか!って感じになって試しにブログ用画像の編集に使ってみようという流れになりました。なんとかうまい具合に使えないかなと試行錯誤をした結果以下のようになりました。


 

フォトストリームを利用する

まずは、パソコンのスクリーンショットの編集ですが、クリップにはClipOutScreenというソフトを使用しています。ショートカットキーで簡単に呼び出すことが可能で、選択範囲を指定したファイル形式で保存出来ます。

ショートカットキーは「Ctrl+Z」に設定し、PNGファイルで保存されるようにしてあります。


▲クリップした画像の保存先はdropbox内のフォルダに設定をしておきます。これでスクリーンショットは自動的にdropbox内に保存されます。

次にiPadでdropboxを開きます。先ほどクリップした画像を開きます。

DropboxApp
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Dropbox – Dropbox, Inc.(サイズ: 14.3 MB)

 


▲右上の矢印のマークをタップして、「写真を保存」をタップします。すると、iPad内のカメラロールに保存されます。

後はカメラロールに保存されたスクリーンショットの画像をSkitchで編集すればOKです。編集後の画像をカメラロールに保存すれば自動的にiCloudを経由して、iPhoneでも扱えるようになります。

iPhoneでPictshareを使ってPicasaに編集後のスクリーンショットを送信すれば完了です。自分の場合、ブログ画像はPicasaに保存して使っています。任意のサービスに送信すればよいと思います。

PictShare – multiple photos/movies uploaderApp
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
販売元: itok – 啓 Ito(サイズ: 3.4 MB)

iPhoneのスクリーンショットの編集

iPhoneの場合はいたって簡単です。iCloud経由で画像をやりとりすればOKです。iPhoneでスクリーンショット→iCloud経由→iPad→Skitch→iCloud経由→iPhoneという流れですね。

カメラロールに画像を保存した時点で、違うデバイスで見る、扱うことが出来るのです。とんでもなく便利!凄い時代になったものだと改めて感じました。

まとめ

Windowsユーザーは自分と同じように、Skitchに憧れている人が結構いるのではないかなと思います。iPadを持っていることが前提ではありますが、この方法を使えばSkitchを使うことが出来るのではないでしょうか?iPhone版Skitchの登場も楽しみです。

今までSkitchやフォトストリームって何か面倒くさそうだなと思って全く使っていませんでした。しかし、いざ使ってみると非常に便利だということが分かりました。何より、簡単な操作で、とても分かりやすい画像が作成出来るのがとても楽しいです。何でもっと早くから使用しなかったのだろうか・・・・・

iPadをお持ちの方は是非試してみてください。

SkitchApp
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 32.1 MB)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top