ソーシャルボタンをプラグインを使って簡単に設置する方法

みなさん、こんばんは!ブログ書くのが楽しくて仕方が無い @ika621 です。 WordPress開始した当初は、『ソーシャルボタンの設置』に悪戦苦闘したのを今でも覚えています。テーマを変更したりするとコードを再設置しなければならず、再び悪戦苦闘・・・・しかもつい最近では、Facebookのいいねボタンが全く機能しないという駄目っプリ。 更には苦労したもののデザインやらサイズやらバラバラで微調整する始末・・・・ ということで、自分なりにですが、Wordpressブログに簡単にSNSボタンを設置する方法を模索してみました。こんな方法もあるんですよ~ということで紹介します。

忍者おまとめボタンを使う

昔からお世話になっていて大好きなブログ「447ブログ」にて紹介されていて知りました。 参考:447ブログ: 統一感が決め手!ブログに設置するSNSボタンは「忍者おまとめボタン」にまかせておけばいいかも Twitter、Facebookボタンなどをまとめて簡単設置|忍者おまとめボタン 上記サイトからSNSボタンのコードを簡単に作成することが出来ます。

▲ここではWordpressを選択します。   おすすめセットで気に入ったものがなければカスタマイズで作成してしまいます。  

▲設置したいボタンを選択していきます。すると下段にプレビューが表示されます。プレビューの部分のボタンはドラッグ&ドロップで移動することが出来るので好きな並び方に簡単に変更可能です。並べ終えたら、右側の「コードを取得する」を選択します。  

▲以上で簡単にコードを取得することが出来ました。

プラグインPostPostを使う

さて、次に上記の「忍者おまとめボタン」のコードをどこに入れるかが問題になります。ここではプラグインである「PostPost」を使用します。 WordPress Plugin: PostPost | Marketing Technology Blog PostPostというブラグインは好きな箇所に定型文を入れることが出来る素晴らしいプラグインです。上記リンクからダウンロードしてWordpressにアップロード、有効化します。 設定からPostPostを選択します。   ▲自分の場合、各記事の末尾にソーシャルボタンを設置したかったので「After Every Post」を選択します。   あとは、先ほどコピーした忍者おまとめボタンのコードを入れてアップデートすれば完了です。とっても簡単です。自分の場合、「アプリの価格は執筆時のものです」という文言とホームへ戻るボタンを作成しています。このようにカスタムが可能です。

PostPostをちょこっとイジル

しかし、ブログに「続きを読む」を使用しているとトップ画面でも、その下にも表示されるようになってしまいます。「続きを読む」を使用している人は以下の方法で回避出来ます。 参考:定型文を入れられるプラグイン「PostPost」を使うときに必要なたった1つのおまじない | NANOKAMO BLOG ▲プラグインの編集をします。
if(is_home()) { return $content;}
を上図のように追記するだけです。

まとめ

この方法で実践すれば、普通にコードを埋め込むよりも簡単にソーシャルボタンを設置することが出来ると思います。(感じ方は人それぞれだとは思いますが・・・・) ソーシャルボタンの設置は色々な意味で難しいのでプラグインに頼るのもひとつの方法だと思います。ソーシャルボタンを設置したいなと思っている人や、上手く設置出来ないなという人は試してみてください。

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です