いとも簡単にEvernoteにGPSログが記録出来るPathEver


先日、Evernoteをシンプルなチェックリストとして使える CheckEverを紹介しましたが、同じ作者さん(Studio Hitori’s Application List)がGPSログをダイレクトでEvernoteに記録出来る、PathEverも同時にリリースされたので早速紹介したいと思います。アイコンが素敵。昨日1日試してみました。

PathEver for Evernote App
カテゴリ: ナビゲーション
販売元: Toc – Shingo Tokubuchi(サイズ: 1.6 MB)

GPSログこそ最強のライフログ!GPS Recorder Xにお任せあれという記事を以前に書きましたが、このPathEverを使えば、ダイレクトにEvernoteに記録することが出来ます。


基本的には起動して放置するだけ

GPSログアプリなので、基本的には起動して放置しておくだけです。やはりバッテリーの消耗は激しくなってしまいます。まぁこの辺りはGPSログをとる場合は仕方がありませんね。予備バッテリーは必須になります。


▲こちらが起動画面です。位置情報を許可してからEvernoteにログインするためにアカウント情報を入力しましょう。この辺りは定番ですよね。

 


▲Evernoteにログインできた後、設定を好みのものに変更します。特に重要なのが「最低移動距離」と「ノートブック・タグの指定」です。

「最低移動距離」というのは、何m移動したらマップにピンを刺すかの設定です。自分で数値を決めることが可能です。初期では1000mになっていたので自分は400mに変更しました。

「ノートブック・タグの指定」もきちんと最初に設定しておきましょう。ちなみにピンの色は赤、緑、紫から選択することが出来ます。お好きな色を選択しましょう。


 


▲また、「バックグランド通知」をオンにしておくと、記録するごとに通知センターやロック画面に表示されます。自分の場合は不用だったのでオフにしておきました。


▲設定が完了したら後はもう移動するだけです。どんどんマップにピンが刺さっていきます。ピンをタップするとMapアプリにジャンプします。

当然バックグラウンドで記録し続けますので、違うアプリを立ち上げてもOKです。

ただ、保存のタイミングがイマイチわかりにくいです。アプリをバックグランドから削除した後、再度アプリを立ち上げると「保存しました」という文字が表示されます。

(追記:バックグラウンドから消して再度立ち上げると今の場所を記録するようです。失礼しました。)


▲Evernote上ではこのようにGoogle Mapが保存されます。あくまで画像ですが。でもかなり見やすいです。「最低移動距離」の設定によっても見易さが変わってくると思います。


▲Mapの下には、時間と住所が時系列に並んで記録されています。もちろんMapリンクもきちんと作成されていますのでご安心を!

一番理想の形でノートが作成されていて感動しました。

まとめ

アプリ上でワンタップで記録のオン・オフが切り替えられたら便利だと思います。バックグランドにある限りiPhoneのGPSは起動しっぱなしなのでわざわざバックグランドから消すという動作が面倒かもしれません。

しかし、同じ日付の記録は自動的にひとつのノートにまとめられて記録されるのでその点に関しては満足しています。

GPSこそ最強のライフログだと思っているので素晴らしいアプリが登場したなと感じました。@goryugo さんの感想もとても楽しみですね。

参考:Evernoteに位置情報を自動保存PathEver | goryugo

今後も(Studio Hitori’s Application List)さんから登場するアプリがとても楽しみです。

PathEver for EvernoteApp
カテゴリ: ナビゲーション
販売元: Toc – Shingo Tokubuchi(サイズ: 1.6 MB)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします