プレパパに贈る!これからパパになる @ika621 のEvernote活用術

もうすぐパパになる @ika621 です。あと2ヶ月程ですが、楽しみでもあり不安でもあります。とにかく元気に産まれてきてくれることを祈っています。 最近出産準備を始めたのですが、買うべきものや手続きなどがたくさんありすぎてわけわからなくなってきました。ここでもやはりEvernoteを活用してみようと思います。 これからパパになる @ika621 のEvernote活用術と題し、自分なりの使い方を紹介していきたいと思います。

ノートブックは1冊 タグで管理

「Baby」というノートブックを作成して、赤ちゃん関連の全てのノートを格納するようにしました。 自分のEvernoteの使い方はノートブックで管理することを基本としていましたが、赤ちゃん関連のノートブックに関しては細分化してしまうと余計にわかりにくくなってしまうと感じました。ノートブック数が増えるのも嫌ですしね。 そこで「Baby」というノートブックに関しては普段あまり使っていないタグで管理することにしました。 こちらがタグになります。見てわかるようにシンプルにしています。今後も増えていく予定です。 よくタグとノートブックの使い分けがわからないという話を聞きますが、結局のところ自分がすぐに必要な情報を引き出せる状態であればどちらでもいいのかなと思います。もしかしたら使い分ける必要もないのかもしれませんしね。 参考:シゴタノ! —    Evernote ユーザーの誰もがぶつかる、ノートブックとタグの使い分け 具体的にどんなノートを入れているのか紹介していきます。

名付ノート

赤ちゃんの名前を決めるのってとても難しいです・・・・・一生ものですから。音のイメージとか画数とか考えれば考えるほど決まらない・・・・他の人がどうやって決めているのか気になります。 とにかく良さそうだなと思った名前はEvernoteにメモしています。Evernoteに入れておけば後で見返した時に絶対に役にたつはずです。 ▲命名ノートと題して気になる名前をEvernoteに記録。 PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートにApp カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化 販売元: Atech inc. – Atech inc.(サイズ: 1.5 MB) PostEverを使ってひとつのノートにまとまるようにしています。名前を閃いたら送信します。 また、命名アプリを眺めていていいなと思ったらスクリーンショットを撮り、これもPostEverで送信するようにしています。 男の子・女の子共に3つずつ名前を考えておき、産まれた時のイメージで名前を決定すると良いそうです。 命名 App カテゴリ: ライフスタイル 販売元: Megumu Ueda – Megumi Ueda(サイズ: 20.2 MB)

購入品ノート

入院時に必要なアイテムから、産まれた赤ちゃんが着るもの、オムツなどまでかなりのアイテムを揃えなければなりません。自分の予想をはるかに超えたアイテム数が必要ですし、出費もそれなりに。 しかし必要なアイテムが多すぎて把握しきれないのが現実です。なので購入したものは全て写真に撮ってEvernoteに送信することにしました。 参考:自分の持ち物をひたすらEvernoteに突っ込んでみたら想像以上にスッキリした | goryugo 実際に、本の付録で「買うものリスト」ってあるのですが、あくまでそれはリストであって自分がどんなものを買ったのかまでは書いていません。どんな柄の洋服だったのかとか、あのガーゼハンカチは何枚入りだったのかわからない時だってあります。そんな時自分が買ったアイテムの写真をEvernoteで見れば一発で解決します。 写真を撮ってEvernoteに送って置くだけで悩まなくて済むのならそうするべきですよね。 PictShare – multiple photos/movies uploaderApp カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ 販売元: itok – 啓 Ito(サイズ: 3.4 MB) Pictshareで写真をまとめてEvernoteに送信すると楽です。

レシートノート

どんなものにいくら使ったのかを記録するためのノートです。出産準備にトータルでいくらぐらい掛かるのかまったくもって予想が出来ないので、レシートをスキャンしてEvernoteに入れておくことにしました DocScanner App カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス 販売元: Haave Oy – Haave Oy(サイズ: 11 MB) DocScannerを使用してレシート1枚を1ノートとして、Evernoteに作成します。数あるスキャナアプリの中でも一番最初に購入したアプリなのでお気に入りでずっと使用しています。(確か当時は800円ぐらいした・・・)   レシートを見ればどこで購入したかわかるので、特に位置情報などにはこだわっていません。FastEverSnapでレシートを貰った直後に写真を撮る方法もお奨めです。 参考:領収書の写真を撮りまくる 私のEvernoteの使い方 第11回 | goryugo

手続きノート

扶養手続きから始まり、失業給付受給期間の延長や出産育児一時金、出生届に住民登録、子ども手当てに医療費助成などなど子供が産まれる前から産まれた直後までは手続きの嵐です。 手続きに抜けがあることは許されないので勉強が必要になります。奥さんに色々と教えてもらったり、本を読んだりして理解をしなければなりません。産まれた直後の手続きは、女性が動けないので男性がやるのが普通です。 そこでどんな手続きが必要で、どんな書類を書くのか、どこで用紙を貰ってどこに提出するのかを調べてノートに記録します。 ここで一番のお勧めは、その手続きの流れのノートを自分で作成することです。面倒な人は本の丸写しでもかまいません。自分で作成することにより、深く理解することが出来るからです。わからないことは調べてクリッピングをしておきます。 ▲こんな感じでチェックボックスを活用して済んだものに関してはチェックを入れておきます。ちょくちょく見返すことで手続きに漏れがないかすぐにわかるので便利です。

クリップノート

わからないことを調べてクリッピングしたノートです。本当にわからないことばかりなので検索した結果を残しておくことはとても大切です。Evernote Clearly を使用してシンプルにしてからノートにするととても見やすいです。 具体的な手続きの内容や、市役所のホームページ、病院の連絡先や地図など必要だなと思ったものは全てクリップしておきます。 クリップしたノートリンクを、先ほど紹介した手続きノートに貼り付けておくと便利です。 参考:ついに知的ツールとして使えるようになったEvernoteのノート間リンク機能 | Lifehacking.jp ▲こちらは手続きノートですが、緑色の部分がノートリンクです。ここをクリックすると1発でクリップしたノートにジャンプすることが出来ます。

まとめ

他にもEvernote活用術が今後出てくるかもしれないので、紹介できたらいいなと思います。これからパパになる人に参考になったら嬉しいです。 Evernoteを活用して、パパになるための準備を今後もしていこうと思っています。買い揃えなければいけないもの、やることは山積みです。どうぞ応援宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です