Read Article

@atsさん作のアップルファンのマタニティマークを作ってみました

いきなりですが・・・・・・5月にパパになる @ika621 です。自分がパパになる日がとうとうやってきました。不安でいっぱいですが、とても楽しみです。

そんなある日このような記事を見つけました。

アップルファンのためのマタニティマーク作った | TRIVIAL TECHNOLOGIES on CLOUD

マタニティマークとは、マークを見て分かるように妊娠している女性が付けるマークです。カバンに付けるキーホルダーが多いと思います。

妊娠している人は、見た目では全く分からないですし、妊婦を意識するという習慣が一般の人は無いと思います。実際に自分も、こんなマークがあること自体知らなかったので驚きました。このマークを付けていれば、電車で席を譲ってもらえたり、手伝ってもらえたりします。プチアピールになるわけです。

電車に乗った時や、バスに乗った時は、良く注意をして回りを見てみてください。マタニティマーク付けている女の人がいるかもしれません。

マタニティマークとは?

今回、 @ats さんが作成したアップルファンのマタニティマークを車用に、マグネットで作成してみました。見比べてもらうと分かると思いますが、@ats さんが作成したマークはリンゴになっています。アップルファンにはたまらないマタニティマークなのです。(確かにちょっと怒られそうでもあるwww)


作成手順

▲使用したのはこちらです。手作りマグネットが作成出来るサンワサプライ 手作りマグネットステッカー JP-MAGP5です。インクジェットプリンタ対応なので、対応していればどんなマグネットでも作成出来てしまいます。しかも1000円もしないので気軽に挑戦出来るのも魅力的です。

▲入っているものは、光沢紙に近いホワイトフィルムシール、透明なUVカットフィルム、マグネットシートの3種類です。全て2枚ずつ入っています。これらを3枚貼りあわせて1枚のマグネットを作成します。

▲こいつで印刷しました。もっとコンパクトのやつが欲しいな。


▲まずは普通の用紙で試しに印刷。サイズを確認します。普通に印刷したのでは大きすぎたのでサイズを小さくして印刷しました。左側が、原寸サイズです。右側が小さくしたサイズです。

▲いざ本番です。小さいサイズでホワイトフィルムシールに印刷しました。すぐに乾くのですが、シールの奥まではすぐに乾かないとのことなので1日待つことにしました。

▲1日後この印刷したホワイトフィルムシールをはがして、マグネットシートに貼り付けます。気泡が入らないように気を付けます。気泡が抜けるような素材になっているのでそこまで神経質にならなくてもOKです。

▲その上から、UVカットフィルムを貼り付けます。こちらも気泡が抜けるようになっているので大体でOKです。雨も紫外線もこのフィルムが防いでくれます。上の写真のようにずれてしまってもカットしてしまうので大体でOKだと思います。

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nで余分なところをカットしてしまい、細かいところはハサミでカットしようと考えました。ところがどっこい・・・・・・カットしすぎてしまったのです・・・・・

▲円になるはずが、こんな形に・・・・・・まぁこれはこれで可愛いと奥さんも言ってくれたので結果オーライでした。ちなみに弧を描いている部分は奥さんにカットしてもらいました。

完成!!!


▲実際に車に貼ってみました。こんな感じです。サイズも丁度いい具合になりました。くっ付き具合もばっちりでした。

まとめ

@ats さんの記事にも書いてありますが、マタニティーマークを付けていれば、事故った場合、奥さんを先に助けてくれるかもしれないし、怖い車にあおられることを防ぐことが出来るかもしれません。実際に、帰省した時、高速道路で1度もあおられませんでした。(軽なのでいつもあおられるんです。)精神的に、楽に運転することが出来ました。

普通のマタニティマークとは違う特別感があります。また、自作ということもありマタニティーマーク、車両に対してより愛着が沸いてきます。それは当然、奥さんに対しても同じです。

妊婦と車で、共に行動する時間は人生の中でほんのわずかしかないと思います。だからこそこのマークを自分で作成してみようと思ったのでした。アップルファンにはたまらないこのマーク、タイミングが全てですが機会があったら作ってみてはいかがでしょうか?(シートがもう1セットありますので希望があればご連絡ください。)

@ats さん素晴らしいマークをデザインしていただき有難うございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top