The Lord of the OZPA 「@いうまに月25万PV」~真の書評~

The Lord of the OZPA 「@いうまに月25万PV」~書評までの道のり~
The Lord of the OZPA 「@いうまに月25万PV」~2つのアプリ~

と書評までの道のりはだいぶ長かった・・・・(前置きなげーよ)と突っ込みを頂いていますが今回は完結編ですのでご安心ください。


i文庫HDからEvernoteへ

i文庫HDはマークした部分(しおり)をひとつのノートとしてEvernoteへ送信できるようになりました。

詳しくはこちら:iPad最強の読書アプリ・i文庫HDが超アップデート!文字のマーカーや検索、コピー、ページのサムネイル表示に対応!

これをうまく活用できれば、デジタル版書き抜きノートが簡単に出来上がってしまうわけです。
書き抜き読書ノートのすすめ

この記事昔ら好きで、また簡単にできるようになったんだなと感慨深いものもあります。

例えばこのように・・・・・

▲表紙のgoryugo師匠の言葉がいいなと思ったので長押しで選択し、しおりとして保存します。


▲しおりとして保存されたらしおりの欄の右下の象印をタップしてEvernoteへ送信します。


▲こんな感じで気になった部分はしおりをしておきます。最後に一気に送信でもOKです。


▲Evernote上ではこのように見えます。文字認識がうまく出来ていないところもありますが、しおりとして保存した日時、ページ数を記録することが出来るので再度見返せばいいだけのことです。最後にPDFを貼り付けているノートと統合すれば立派な書籍ノートの完成です。

書評

初めて読んだ感想「ブログそのままではないか・・・・・普通だ・・・・大体知っていることが書いてあるし」と感じてしまった。多分自分だけでなくこの本を読んだ人が皆そう思ったはずです。OZPAさんのブログをたくさん読んでるといつの間にかOZPAワールドの住人になっているので普通だと感じてしまうのかもしれません。それにしてもgoryugo師匠の帯で言っているが核心を突いていますね。

自分は「普通」を「普通」にこなすことも一種の能力だと思っています。それが「普通」にできてしまうのがOZPAさんのすごいかっこいいところです。(ごめんね女じゃなくて)そして何度かお会いしていますが、ふざけているように見えて実は何事にもすごく物事を考えている人だなと感じます。頭の回転がすごく速く賢いのです。それがOZPAさんにとっては多分「普通」なのだからまたかっこいい。

自分がいいなと思ったポイント
  1. 似たジャンルの中では何かしら目立つ必要がある
  2. 自分にできること、自分にしかできないこと、自分のテイストを表現する
  3. 『自分ルール」を捨て去ることで世界が広がる
  4. ブログは継続してなんぼ
  5. 自分の視点・観点から情報を取捨選択し、そこから整理などの作業をこなすのがブロガーである
  6. 自分の知っていることは他人も知っているとは限らない
  7. ブログからは「人間力」がにじみ出る
内容的には、「特にこれをやればアクセスが増えるぜ!」という本ではなく、「自分の色を出して、読者にわかりやすく伝える、それを継続すること」が大切だということです。また、これからブログを始める人、ブログ歴が長いブロガーでも初心にもどることができる内容になっているのでいつでも近くに置いておきたい本だなと思いました。

まとめ

大して書評すらかけないというのが本音です。ブログそしてこの本を読めば絶対に伝わるでしょう。OZPAさんの伝えたいことの全てが。

独特のノリとボケをかましつつ、伝えたいことはしっかり伝えるというスタイル。何かこう漫画でいうと「ONE PIECE」みたいだなと感じるのです。それは人気も出るはずだ!

この本を読んで改めて思いました。ブログをやってて良かったな、やっていなかったらOZPAさんを含め、この先一生出会うこともなかった人がたくさんいたんだなと思うのです。なんかシミジミしてしまいます。

最後に、OZPAさん、今後も是非活躍していってくださいね、応援しています。そしてこれからもよろしくお願いします。長々とありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします