Read Article

iPhoneで空白の1文字を入力する方法


 

透明人間Akira

「そう、奴はついにやりやがったんだ。透明になることに成功したのさ。今までだれも成しえなかったことをやり遂げたのさ。もう姿を見ることは出来なくなってしまたが、たくさんの人の役に立てると信じているんだ。」

「まさか、あんなことが可能なんて・・・・」

「あんな簡単な方法で透明人間になれるなんて・・・・でもおれはごめんだね。一生もとの姿に戻れないなんて・・・・」

「透明人間ならあのEvernoteマンを倒すことができるかもしれない。」


 

なんのこっちゃ、Akiraって誰だよ?

とんだ茶番でしたね。さて、本題ですがiPhoneの「スペース」って1文字扱いにならないことはご存知ですか?無記入にしたいのに「.」や「・」など最低1文字を入力しなければならない時が何度かあります。

そんな時「あきら」と入力して変換を押してみてください。



この「あきら」を使えば、空白を1文字として扱うことが可能になります。というかその隣の「日日日」も「あきら」って読むんですか?そっちの方がビックリしました。この技を使えばこんなことが可能になります。

AppButler – App Organizer 
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: WUNDERWERK – Wunderwerk GmbH(サイズ: 0.4 MB)

このアプリを使用して、黒い壁紙と合わせて使用すれば上記のようなホーム画面を作ることができます。

参考:あなたのiPhoneホーム画面を楽しくするアプリ「AppButler」〜自由にアイコンが設置できる支援アプリが面白い。 | 覚醒する? @CDiP

よく調べたらアプリのレビューにも書いている人いましたね。

上記のようにフォルダ名もなしにすることが出来ます。

 

まとめ

文字を1文字入力しなければいけないけど、表示したくない時があるかもしれません。そんな時は透明人間Akiraの力を借りましょう。きっと力になってくれるはずでしょう。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top