Read Article

FastEver Snapに対抗馬出現か?Shrink Wrap

FastEver Snap使っていますか?

 

FastEver SnapApp
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment(サイズ: 3.5 MB)

写真に位置情報を付加してEvernoteに送信できたり、ノートブックやタグを指定することも可能。写真のサイズも変更可能なEvernoteユーザーなら誰もが使っているアプリだと思います。

参考:最速でEvernoteに写真保存 FastEver Snapが出た | goryugo, addicted to Evernote

そんな素敵なFastEver Snapに対抗馬のアプリが現れました。とはいってもFastEver Snapの断然勝利なわけでありますが。早速紹介したいと思います。

そいつの名前は「Shrink Wrap」

Shrink Wrap 1.02(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
販売元: Mark Vader – Mark Vader(サイズ: 1.9 MB)

機能をまとめて言うと以下の通りです。

①起動が早い。

②何をEvernoteに送信したか視覚的にわかる。

③容量を圧縮してEvernoteに送信してくれる。

④瞬時にEvernoteに送信してくれる。

⑤カメラロールに写真は残る。(変更はできない)

機能的にもFastEver Snapに軍配が上がると思います。細かい設定が出来ない点、位置情報が付けられない点、ノートブックやタグを設定できない点で使い物になるのか疑問でしょう。

ただ、評価すべき点は、その軽さと速さでしょう。起動から撮影までとても早いというのが第一印象です。Evernoteへの送信も異常に速いです。圧縮しているとはいえそこまで画質も気になりません。言い換えれば、位置情報にこだわらない、撮影をすぐしたいという方にはお薦めのアプリかもしれません。

実際に使ってみる

 



起動後はまず、自分のアカウント情報を入力します。お決まりですね。

あとは、もう好きなものを撮影しちゃってください。


カメラボタンを押してアプリを終了しておけば、すぐに立ち上げて撮影することも可能です。FastEver Snapは立ち上げて撮影に移るまでにどうしても5秒近くはかかってしまいます。頻繁に使う人にとっては結構なストレスがかかるはずです。

そういった意味では「Shrink Wrap」は、体感的にとても早く感じます。ライフログ用に使えるような気がします。


実際にEvernoteに格納されたノートが上の図になります。なんと、件名が写真を撮影した日時になっているではありませんか!FastEver Snapで撮影した場合、「Photo from FastEver Snap」となってしまう件名。このアプリを使えば、自動で撮影した日時が件名になります。

この機能に関してはすごく、可能性が秘められている気がします。ライフログ的な使い方をする時に便利かもしれません。

まとめ

やはり位置情報が付加されないというのは痛いかもしれません。しかし、何度も言いますが起動が速いので、頻繁に使う場合は良いでしょう。色々と細かい設定ができる「FastEver Snap」を使うのか、位置情報は付かないが、シンプルかつ高速起動が魅力の「Shrink Wrap」を使うのか、はたまた両方をうまく使い分けるのか。

「FastEver Snap」の対抗馬になれるのか?「Shrink Wrap」がアップデートでどう進化していくのか?様々な意味で楽しみです。

Shrink WrapApp
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
販売元: Mark Vader – Mark Vader(サイズ: 1.9 MB)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top